バブル景気前兆を思わせると話題…2014年の経済動向

バブル景気前兆を思わせると話題…2014年の経済動向

 

006

20年ほど前のバブル景気。
バブルの2年ほど前、1986年頃のいくつかの経済動向が
背景と言われています。

その経済動向が、まさに昨年2014年に重なることがありすぎるのです。
【不況】

1986年の不況
為替相場が一気に円高へと向かい、一時期には輸出企業の業績が
悪化する円高不況に見舞われ、東京大阪の町工場が続々と倒産する
事態に。

2014年の不況
4月から大不況に突入しました。消費税増税の根拠にするとしてきた
GDP成長率は2%まで落ち込んだのだそうです。
【原油価格の暴落】

1986年の原油暴落
サウジが1986年に仕掛けた価格競争では、原油価格は4ヶ月で67%下落しました。

2014年の原油暴落も10月2日に原油価格が急落。
国際的な指標となるブレント原油価格は2年3ヶ月ぶりの安値を記録しています。
【解散総選挙】

1986年2014年とも自民党が勝利
【3年後に消費税の変動】

1986年の3年後に消費税が導入されました。税率は3%。

2014年の3年後、2017年消費税10%増税予定。
似ていることが重なりすぎていますね。

歴史が繰り返されるとしたら…2年後にバブル経済の再来が
あるのでしょうか?と不安に駆られます。

不安に対して、誰かのせいにしてしまわず、自分自身で
しっかりと稼いで行く選択と行動を取ることも必要ではないでしょうか。

゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・

インターネットでの在宅ビジネスは、個人事業として稼いで行くことが
可能です。

自分自身の頑張りで報酬につなげられます。
未来の権利収入構築です。
変化するインターネット界は、過去に固執することなく、時代の流れにも乗ります。
だからこそ成功が継続されているのです。

水のように、流れがあるから、新鮮で清い。
インターネットのビジネスは、常に変化がみられますが
それに対応できるビジネスこそが、残り拡大を続けています。
自身で稼ぎたいのなら、しっかりと比較して見極めることが
大切です。
続けることで、豊かな未来が描ける在宅ビジネスを選びました。

 

信じて楽しむ、権利収入型ビジネス

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ