在宅ビジネスのススメ!子どもの進学資金、奨学金の盲点とは?

子どもの教育費はママがしっかり稼ぎたい!

 

039

子どもの進学、希望通りに叶えてあげたいですね。
大学に進学の場合、4年間でかかる費用…
学校、学部で異なってきますが、私立大学、文系で450万円
理系で650万円ほどと言われています。
やはり高額ですね…ため息がでます。

調査によると、何らかの奨学金を利用している4年制大学生の割合は
52.5%になるそうです。

大学の進学費用は奨学金を借りればいいと安易な考えで手を出して
しまうと、その後子どものライフプランに影響を与えることを
想定されているでしょうか?

奨学金は様々なタイプがありますが、

卒業後は高額な学費相当額を返済していくのです。

例えば自宅から私立大学に通う場合、毎月54,000円の貸与を受けることが
できるとすると、貸与総額は260万円ほど、卒業後は14,400円を15年間にわたって
返済するという事例があります。

毎月15,000円ほどなら、と思うかもしれませんが、15年間です。
また、安定した収入を得ながら順調に働き続けることができていればの
場合です。

今は、非正規雇用で働く人の割合が増えています。
失業や病気などで猶予制度もあるそうですが、返済が免除になることはありません。

奨学金の返済を滞納すれば、一定期間は信用情報にも登録されて、住宅や

車のローンを組めないといった問題にも発展してしまいます。

卒業後15年は子ども自身が、結婚や出産などの時期とも重なる可能性も高いです。

返済額によってはマイホーム取得や出産を考えることにも影響がしかねないのです。
今の生活費や、子どもの習い事も大事ですが、将来の教育費を考えて貯めて

おかないと奨学金に頼るようになってしまうと子ども自身の将来に影響を

与えかねません。

今の収入で将来の進学資金にまで回らない!と嘆くよりも、収入増を目指す努力に
発想を変えましょう。

収入を増やすには労働を増やすばかりではありません。

インターネットを活用した、ネットビジネスは、在宅ビジネス・在宅副業として
確立されています。

自宅での家事・育児のスキマ時間を活用し、自宅で稼ぐ選択もあるのです。

在宅ビジネスは実績あるシステムであれば特殊な資格やスキルを得なくても
お小遣い稼ぎから、頑張り次第では不労所得・権利収入へと拡大が可能です。

子どもの成長を近くて見守りながら、自宅でママが稼ぐ時代です。

子どもの進学資金もしっかり貯蓄しちゃいましょう!

主婦が一番稼いでる!!インターネットの在宅ビジネス最新情報!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ