大学生を一人暮らしをさせるためにかかるお金、お宅の場合は?

春になり、入試シーズンが終われば、新生活へ向けての準備が始まりますね。
遠くの大学にお子さんを一人暮らしさせる親御さんも多いのではないですか?

【必見】お子さんを一人暮らしさせるための秘作

006

実際、一人暮らしをさせるためにかかる費用はどのくらいなのでしょうか?
もちろん大学にもよって様々ですが、受験費用、学費などを除いた
単純に一人暮らしを始めるための費用だけで、考えてみました。

大学の場所により家賃も様々なのでしょうが、
ワンルームの一人暮らしと考えた場合、5万円ほどが相場でしょう。
敷金礼金を含め、初期住居費用は約20万円ほどになるはずです。

そこに加えて、必要な電化製品、生活用品を揃えると、
8万円ぐらいかかるようです。
また、引っ越し費用、新生活で必要なスーツ、定期代、なども含めると、
ざっと50万円はくだらないでしょう。

もちろん大学には寮もあったりしますし、今ではシェアハウスなども一般的に
なってきていますので、初期費用は抑えられる場合も考えられますが、

大学卒業後も自宅に帰らず一人暮らしのまま、
社会人になる場合も想定すると、最低限必要な電化製品などは削れませんし、

大学卒業後にまた住居を探して引越しする手間や経費を思ったら、
進学の際の住居に関する初期費用は仕方ないものなのかもしれませんね。

大学生活はその先何年も続くのです。
お子さんが何人もいる場合は大学生を数人養う期間もあります。

学費、生活費など想定内で収まるものとは限りませんね。

それでも、お子さんが経済的に自立するまでは精一杯の援助を
してあげたいのが親心ですよね。

解決策のヒントは意外に身近にあったりしますよ。

↓↓↓↓↓

経済的自立、それはお子さんだけの問題ではありません

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ