かつてネットで集客していたMLM企業がインターネットを禁止した原因

lgf01a201406270900

インターネットが禁止された原因

10年くらい前、盛んにインターネットで集客していたネットワークビジネスは幾つかありました。

それら、かつてはインターネットで活動していた会社が、すっかりインターネットから離れてしまったのは何が原因だったのでしょうか。

あるネットワークビジネスは、MIXIを使って集客をしていましたし、またあるネットワークビジネスは、グーグルアドワーズの3行広告で成功していましたね。

しかし、その集客手段である媒体そのものが、ネットワークビジネスの広告に使うことを禁止してしまったり(締め出しを食った)して、泣く泣く撤退したという経緯があるそうです。

聞くところによると、その原因は、あるネットワークビジネス企業が、お金にものを言わせて、アドワーズの広告スペースを独占してしまったためだったとか。。。

月に何十万と広告にお金をかけても、それ以上に稼げたそうですから、その当時、どれくらい急激に組織が拡大していたか、わかるというものですよね。

そのように、そのネットワークビジネスは、お金をかけて集客するのが当然というノウハウでしたから、お金に余裕のない人は、製品を買うのがやっとで広告など出せません。

当然、広告で見たとおりに稼げないのですから、文句が出ますよね。アップに言っても、どうもしてくれないから、MLMの会社の方に苦情があつまってくる。

そうなると、会社はインターネットでの拡大を禁止せざるを得なくなる、当然の成り行き。

物凄く反応のあったのに、その頼みの広告先からは締め出されて使えなくなり、SNSもビジネス目的での使用が禁止になり、ホームページを作ることも禁止、ブログも禁止となれば、実質的にインターネットの活動が禁止されたのと同じです。

それでは、会員たちは、フィールドつまり口コミに帰るしかありません。

ほら、やっぱり!

ネットワークビジネスを、インターネットで活動するなんて、無理なのよ!

いやいや、そんなに早計に、諦めてしまうことはありません。

 

インターネットで、継続的に集客していくために

インターネットで活動できるという魅力で集めておきながら、参加してみたらインターネットで活動できないって、すごいショックですよね。

ですから、インターネットで活動できると宣伝してMLMに勧誘するならば、ずっとその活動を続けていかなければならないと思いませんか?

そのためには、幾つか、注意したい点があります。

 

法律を順守しなければいけない

法律といえば、特商法、薬事法、消費者契約法、インターネット通販に関連したルールなどがあります。

十分に精査して、順守する必要がありますし、迷うことがあれば、消費者センターや関係省庁に問い合わせして、できるだけクリーンなシステムを構築してビジネスをする必要があります。

 

特にインターネットの場合、最も侵されやすい違反といえば、なんでしょう。

問題になりやすい点は幾つもあるでしょうが、ネットの性質上、以下の点は要注意でしょう。

  • さも簡単に稼げるような、大げさな誇大広告はいけない
  • 製品の品質や、自分の収入について、嘘を言ってはいけない
  • 勧誘する側は、不都合なことを隠してリクルートしない

かつてネットで拡大していたネットワークビジネスが、インターネットの活動が制限されてしまった原因は、誇大広告にあったと考えられます。

ですから、これからは執拗に勧誘するという態度ではなく、十分に情報を与えて理解していただいて、相手に冷静に判断して頂くのが大事だと思います。

 

有効なインターネットの手法を、常に変化させていく

今成功しているネット集客の手法は、常に新陳代謝をしているということを意識しなければいけないように思います。

今うまくいっているからといって、そこに胡坐をかいて新しいノウハウを構築していくのを怠れば、今のノウハウと共にすたれていかなければなりません。。

しかも、組織が大きくなればなるほど、ノウハウの寿命は短くなります。

当然、参加している会員たちの意識も大切になってくるでしょう。

変化は進化、という考え方に、会員全部がついていくのでなければ、ネットワークビジネスをインターネットで拡大していくことはできないと考えた方がいいでしょう。

 

一人も誘えない私が641人のダウンを無料で獲得した方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ