ネットワークビジネスおける、リクルートと言う言葉の利用法は!

えー!寝ている間にダウン獲得!いったいどうやって?

403-kumoリクルートと聞いてあなたはどんなイメージが思い浮かぶでしょうか。

テレビのコマーシャルで流れるリクルートという会社や、新卒の大学生が求人活動の際に着るリクルートスーツが頭に浮かんだ人が多いのではないかと思います。

しかし、リクルートの本来の意味は新入社員や新人募集であり、リクルートという会社名やリクルートスーツという名称はそこから来たものです。

 

ネットワークビジネスにおけるリクルートもこの本来の意味に従えば、ビジネスに参加する新しい人を募集するという意味になります。

しかし、実際のリクルートの現場で、リクルート相手に向かって「これからあなたをリクルートします」という単語を使用することはありません。

 

勧誘という単語を使ったり、一緒に頑張りませんかという台詞を話したりといったパターンが多いでしょう。

リクルートという言葉を使うのは、既にネットワークビジネスに参加している人同士の会話の中で、知り合いをリクルートしましょう、お友達をリクルートするというように使われる言葉です。

 

その理由はさまざまだと思いますが、リクルートという言葉はビジネスライクであるということが大きな要因ではないでしょうか。

そのため、友人などを誘う際にはどうしてもリクルートという言葉を避けてしまうように思います。

 

しかし、あえてリクルートという言葉を使うことで得られる効果もあります。

それは、ネットワークビジネスがまさにビジネスであることを伝えやすいということです。

 

ネットワークビジネスは気軽に参加できるビジネスですが、満足できるだけの収入を得るためには相応の努力が必要です。

ビジネスとしてきちんと取り組む姿勢を持った人でなければ、リクルートしても長続きしないのではないでしょうか。

 

リクルートという言葉を使い、ビジネスであることを強調した上で参加してくれる人を見つけられれば、以降のネットワークビジネスの活動において大きな助けとなるはずです。

友人知人の勧誘不要!口コミしないで毎月ダウンを増やす方法!

netbiz-ml

友人を一人も勧誘せずに、ダウンを1000人以上増やした方法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ