ネットワークビジネスとアフィリエイトの違いとは!

umi003ネットワークビジネスとは、口コミにより取扱製品の販売域を拡大していき、自分を起点とした販売組織を拡大し、販売数量等に応じて自身の報酬を受け取る形態のビジネスモデルとなっています。

したがって、自分の作った組織内で製品が売れれば売れるほど自分の収入も増える仕組みとなっています。

 

他方、アフィリエイトとは、いわゆる広告収入をいいます。

自身で作成したサイト等に広告を貼り付けてその広告をクリックした数や、その広告から当該製品を購入した人数によって自身の広告収入が増減する仕組みとなっています。

 

ネットワークビジネスとアフィリエイトの相違点は、上記のとおり、ネットワークビジネスは直接人から人へと勧誘行為がなされるのに対して、アフィリエイトの場合はインターネットを経由して勧誘行為を行っている点です。

どちらがよりお金を稼ぐことが出来るかは向き不向きもあり一概には言えませんが、ネットワークビジネスは営業能力の高い人向きのビジネスであり、アフィリエイトはIT関係に精通している人向けのビジネスとなっているかと思われます。

 

アフィリエイトは単に広告を貼り付けて待っていれば良いだけでなく、購入してもらえるように仕向ける必要がありますし、サイトを作成する能力がなければ行うことができません。

他方、ネットワークビジネスはそのような知識が無くても直接人から人へと勧誘をするので、購入意欲を掻き立てることは、アフィリエイトよりは容易かもしれません。

 

もっとも、コミュニケーション能力が高い人がネットワークビジネスを行えばよりお金を稼ぐことが出来ると言うのも事実だと思います。

IT関係にも精通しており、営業能力も高い人であれば、ネットワークビジネスで継続的な収入を得て、アフィリエイトで単発の収入を得ることが出来、非常に効率よくお金を稼ぐことができます。

 

また近年ではインターネットを利用して、アフィリエイターのようにメンバーの集客をするネットワークビジネスも増えつつあるようです。

こうした場合のアフィリエイトとネットワークビジネス違いは、アフィリエイトは一般的に一度だけ購入したらリピートは無いので、常に新規の顧客を探す必要がある。

それに対して、ネットワークビジネスは一度顧客になると、リピートの確率が高いので、自分の収入源となる流通組織を育てやすい、と言う点に大きな違いを見いだせると思います。

 

ただ最近ではアフィリエイトもネットワークビジネスもそれぞれの良い部分を吸収し、複合的なシステムで運用する会社も増えていますので、どちらに取り組むにしても、まずは自分はどんなタイプのシステムに合っているのかを考えて選択をするようにすれば、失敗する可能性は下がると思います。

友人を一切勧誘せずに、口コミ無しでダウンを1000人以上増やした方法とは!

bizseiko

友人を一切勧誘せずに、口コミ無しでダウンを1000人以上増やした方法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ