ネットワークビジネスの仕組みとは?

 友人知人の勧誘不要!ネットを利用した完全在宅成功法!

ネットワークビジネスとは、マルチレベルマーケティングの事を指します。

ネットワークビジネス仕組み自体は普通のビジネスと大差はありません。

有るのは流通経路の違い位でしょうか。

通常、私たちがお店で購入する場合の商品は、製造業者がいて、卸売業者がいて、小売業者が私たち消費者に商品を販売しています。

これが、ネットワークビジネスでは消費者である私たちが、製造業者から直接買い付けて、それを同じ消費者に販売するというのが一般的な流れになっています。

このように、消費者が自分の知り合いなどに対して口コミを利用して自分と同じような消費者を増やしていくことがネットワークビジネスの主な仕組みとなっております。

 

では、どのようにビジネスになっていくのかを「販売型」のネットワークビジネスの例で説明していきますと、一言で「消費者」と言っても、色々なレベルの消費者がいます。

商品販売をしたいと考えた消費者は、まず、自分より上の階層の消費者から当該商品を購入します。

そして、それを消費者に販売していきます。ある程度販売していくようになると、自分の上の階層の消費者となっていきます。

そして、上の階層の消費者になるにつれて、仕入価格も安くなります。

 

通常の流通とパラレルに考えると分かりやすいと思いますが、たとえば、製造業者が5000円で卸売業者に売り、卸売業者は7000円で小売業者へ、小売業者は10000円で消費者へ販売します。

これが、ネットワークビジネスの仕組みで考えると、消費者が消費者から仕入れ、消費者へと販売していく場合に、消費者が消費者に販売すればするほど、消費者から小売業者役へ、そして卸売業者役へと上がって行きます。

したがって、それにつれて自分の仕入価格も安価になり、収入が増えるといった形になっています。

このようにして考えると、通常の店頭販売もネットワークビジネスもあまり大差ありません。

 

中間に居るのが流通業者なのか、個人なのかと言う点が一番大きな違いでしょう。

これがネットワークビジネスの仕組みとなっています。

 

また最近では仕入れ価格が存在せず、全レベルの人が定価で製品を購入、消費者は直接の仕入販売をせず、自分の知り合いを消費者として会社に紹介をすると報酬が支払われる「購買型」と言う仕組みのネットワークビジネスも増えてきています。

 

友人知人の勧誘不要!ネットを利用した完全在宅成功法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ