ネットワークビジネスの本場、アメリカと日本の違いとは!

yun_2826ネットワークビジネスの本場はやはりアメリカです。

アメリカではネットワークビジネスとは言わずにマルチレベルマーケティングまたはネットワークマーケティングなどと呼ばれます。

 

アメリカにおいては、ネットワークビジネスが1930年代から始まっており、80年以上の歴史があります。

したがって、日本より歴史も広く、ビジネスとしても非常に熟成しています。

 

日本で活躍しているネットワークビジネス企業の多くもアメリカに本社を置き、日本には支社という形で進出しているネットワークビジネス企業が大半となっています。

クリントン元大統領がネットワークビジネス企業に対して、「アメリカ経済に大いに寄与した」と感謝のスピーチをしたことは有名であり、また、ネットワークビジネス企業のイベント等に州知事が招待されたりもするようです。

 

日本ではネットワークビジネスの会社に議員が関わっただけでもニュースになってしまいそうですよね。

日本ではまだ、ネットワークビジネスと聞くと「ネズミ講」と答える人がいるほどであり、あまり受け入れられていないネットワークビジネスですが、本場アメリカでは受け入れられ熟成しているのでこういった意識や認識の違いがあるのでしょう。

 

おそらくアメリカでは日本のようにネットワークビジネスに対してMLM=悪と言うような悪いイメージが持たれていないのだと思われます。

また、ネットワークビジネス会員は基本的には個人事業主として行動する点も、日本よりアメリカの方が受け入れやすいのかもしれません。

 

というのも、日本は島国ということもあり、やはり皆で協力して組織で行動することを得意としますが、アメリカは移民の国であり個人主義が浸透しているので、個々人が好きなように好きなだけ販売することができるネットワークビジネスに適した人間性であるからだと思います。

 

もっとも、アメリカの半分程度の人口でありながら、日本のネットワークビジネス業界の売上げはアメリカに匹敵するほどなので、近年は日本でもネットワークビジネスが受け入れられている傾向にあるのだと思います。

えー!寝ている間にダウン獲得!いったいどうやって?

netbiz-a

口コミせずにダウンを1000人以上作った方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ