ネットワークビジネスの経費を管理して、有利に確定申告をする

パジャマ姿で楽々集客!いったいどんな方法で!?
3492894867_ac8cb73d71_mネットワークビジネス副業として行なっている人も多いと思いますが、副業であっても収入を得ているのであればきちんと確定申告をしなければなりません。

確定申告をする上で重要になるのが、ネットワークビジネスを進めていく上でかかる経費です。

 

納めるべき税金は、ネットワークビジネスに得られた報酬すべてにかかるのではなく、得られた報酬の総額から経費を差し引いた金額を基準にして決定されます。

つまり、きちんと経費を管理しておけば、合法的に納税額を少なくすることができるわけです。

経費が収入を上回れば、当然納税の必要はありませんが、もしも本業で納税をしている人は、赤字になった分税金が戻ることもあります。

 

しかし使ったものは何でも経費に認められるわけではありませんし、経費として認めてもらうためには多少の努力が必要です。

 

一言でネットワークビジネスの経費と言ってもその種類はさまざまです。

プレゼンテーションの資料を作るのであれば、パソコンを使う際の電気代や印刷代が経費となりますが、ネットワークビジネスのために購入したのであれば、パソコンやプレゼンテーション作成用ソフトの代金も経費として計上することが可能です。

 

セミナーに参加するために交通機関を利用したのであれば、その料金も経費となりますし、食事代などもネットワークビジネスという事業に必要なものであれば認められる場合が多いです。

これらの経費を正しく管理する上で重要となるのが領収書です。領収書と言っても、わざわざ店に言って作成してもらう必要はありません。

手渡されるレシートでも、どのような経費であるかが分かれば税務署から問題視されることは少ないです。

とにかく経費を使ったら、レシートや領収書をもらう癖をつけるという事が大切です。

ネットワークビジネスの行う上で必要な書籍を購入したり、勉強のためのセミナーの参加費用などもきちんと領収書やレシートをもらい、いつ、どんなものに対してお金を払ったかが明確になっていれば、ほとんど経費として認められるものばかりです。

リクルートのために誰かとカフェでコーヒーを飲んだりした時も、一緒に飲食した相手の名前や目的などを書いておくことにより、信頼性が高くなります。

レシートが発行されない交通費などは、出金伝票を使うと良いでしょう。その際に、使った交通機関の種類や日時などを記載しておけば信頼性が高まります。

 

経費をしっかりと管理すればその分税金は減りますが、たとえ副業で大した金額では無いとしても、確定申告はしっかりとしましょう。

口コミビジネス失敗者必見!ネットで稼ぐ、口コミ不要の成功法!

netseiko

口コミが苦手だった私が、口コミせずにダウンを1000人以上作った方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ