ネットワークビジネスのABCとはどんな事を指している言葉?

口コミしないでダウンを増やす!インターネットを利用した成功法とは!

pho01001ネットワークビジネスにおいて、一番重要なことは新規の顧客を得ることです。

そのためには勧誘をしなければなりませんよね、口コミ勧誘方法にはセミナーに誘うものなどいくつかの手法があります。

口コミのビジネスであるネットワークビジネスの勧誘方法の一つとして、多く利用されている方法が「ABC」と呼ばれているものです。

まず、ABCとは何を指すのか説明していきたいと思います。

まずA=アドバイザーであり、一般的にはアップのことを指します。

そして、B=ブリッジ、橋渡し役を言います。

そして最後にC=カスタマー、これが新規の顧客を指します。

このABCは、ブリッジ役の人がカスタマーを勧誘したいけど、ネットワークビジネスを始めたばかりであまり知識が無い、そんな方がアドバイザーと一緒にカスタマーを囲い込んでクロージング(契約)してもらうといった流れになります。

ネットワークビジネスにおけるABCの事を一言で言えば、ブリッジ役の人が知識不足な時に良く使われる手法という事です。

これをやることによって、新規の顧客を獲得しやすくなり、また、ブリッジの人にとっては目の前でアップの人の勧誘手法を見ることができるので、非常に参考になることかと思われます。

しかし、このABCという手法、ネットワークビジネスに限ったことではありません。通常の企業であっても新入社員一人で営業に行かせるなんてことはまずありませんからね。

新入社員も最初は先輩や上司の営業について行き、営業のノウハウを目の前でみることによって自分なりに習得していくという流れが通常です。

ネットワークビジネスも同じで、初心者が勧誘をしても簡単に新規の顧客を獲得することができるほど甘いものではありません。

なので、口コミのネットワークビジネスではABCを美味く利用しながら、自分なりの勧誘方法を見つけて行くといった形態が多くなるのです。

 

最近では色々なシステムのネットワークビジネスが躍進をしています。

 

中には従来のセミナーやABCを利用した、対面による口コミをせずに組織を拡大できるネットワークビジネス成功法、インターネットを利用した集客法で伸びているグループもありますよね。

 

口コミしないでダウンを増やす!インターネットを利用した成功法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ