ビジネス勧誘を断る時はハッキリと!押し売りにならない勧誘術

随分昔よりは減ったような気もするのですが、今でも電話によるビジネス勧誘
根強く残っているようです。

在宅の高齢者を狙った投資、水、化粧品など健康をうたったセールス、子供の教育の教材、
通信教育、などなどビジネスの種類も勧誘手法も様々です。

【驚愕】勧誘の必要のない集客術公開中

PAK56_lalagatu500

普段、私は外で仕事をしているため、こんなビジネス勧誘の電話にも遭遇しないんですが、
平日お休みで家にいると結構な割合で勧誘電話を受ける羽目になります。

 

不思議となぜか忙しいときに限って勧誘電話って、かかってきたりするんですよんね。

 

オペレーターはセールストークに慣れた方がほとんどで、滑らかな口調で何やら用事があって
かけてきたのではと、つい内容を聞いてしまったりもします。

でも、あまりにも関係のなさそうな投資や、手の出ないような太陽光発電パネルなどの
高額商品の売り込みならきっぱりと断れるのですが、この断り方にも
様々な問題があるようで、

「結構です」や「いいです」などと答えてしまうと

要らないと言ったつもりの商品がいきなり郵送されて来たりもするのだとか…。
もう、これは半分、詐欺行為なんじゃないでしょうか?^^;
断り方もハッキリと

「要らない」とか「必要ない」とか

誰が聞いても誤解のない言い方をした方が良さそうです。

そもそも、この様な勧誘はこちらが望んでいないのに勧誘されるから嫌な気持ちに
なったりするのであって、こちらから求めた情報だったら、
た違ったものになるのではないでしょうか?

情報の押し売り状態は迷惑なだけです。

ここからは体験談ですが、今我が家の関心ごとはもうすぐ中学生の息子の塾選びです。

まさにそんな時に塾の勧誘電話がかかってきたのですが、内容的に
我が家の求めているものとは違っていたので、入塾はハッキリとお断りしました。

久しぶりに真面目に勧誘電話の内容を聞きました。ww

こんなタイムリーな勧誘であっても、こちらが思うような物にはなかなか
出会えないんですよね。

同じ塾というくくりだけで比べてみても、見込み客が何を求めているかは様々です。

人それぞれのニーズに合った情報発信や勧誘が求められるのと同時に
ビジネスを選ぶ方にも確かな判断や情報が必要になっているんだと改めて感じました。

↓↓↓↓↓

【注目】相手から連絡いただける驚きのビジネス手法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ