facebookを使ったネットワークビジネス(MLM)集客が流行っている理由

【悲報】友達の忠告を聞かずに勧誘を続けた結果・・

CSSS85_zangyoumonita20131019500-thumb-778x500-4043
facebookを活用したネットワークビジネス(MLM)の勧誘が流行っていますね。

私も勧誘されたことがありますので、体験記をお話します。

 

 

ある日facebookを開いてみると、友達申請が!

誰だろう?

全く知らない人からでした。

とても親しい感じのメッセージも来ていました。

 

 

悪い人ではなさそうなので、友達承認すると、頻繁にメッセージが来るようになりました。

ある日、クラブイベントがあるから来ないか?地元のすごい友達も紹介する。

と誘われました。

その日はちょうど空いていたので、行ってみることに。

 

 

クラブの前にお茶でもどうかと言われ、マク●ナルドで爽健美茶を飲みました。

床に落ちているゴミが気になりながらも、お話しました。

お互いの自己紹介のあとの会話は、主に夢についてでした。

 

 

ここで、

「あっ!ネットワークビジネス(MLM)の勧誘かも!」

と感じたのですが、クラブに行く約束もしてしまっていたので、帰れませんでした。

クラブに移動する最中、その方は何やらサプリメントらしきものを飲んでいました。

 

 

勇気を出して

「それってネットワークビジネスの製品ですか?」

と聞いてみると。

 

 

「うん、そうだよ~」

とあっさりした答えが返ってきました。

 

 

クラブイベント自体はとても楽しく、ネットワークビジネス(MLM)をしていない人も何人かいました。

そういう人も受け入れてくれるのは、とても寛容だなと思いましたね。

1時間くらい経って、リーダーっぽい人に紹介されました。

 

 

リーダーっぽい人はやけに馴れ馴れしかったです。

半強制的なフレンドリーとでも言いましょうか・・・。

初対面でいきなりファーストネーム呼び捨てです。

 

 

クラブイベントでは勧誘はされませんでした。

もし勧誘されていたら、ブラインド勧誘ですし当然ですね。

 

 

その後、なぜかリーダーっぽい人から頻繁に連絡が来ました。

メールもかなりきました。

電話に出られないと、ちょっと怒った感じのメールもきました。

仕事中で出られなかっただけなのに、そんな怒らなくても・・・と思いましたね。

 

 

やっと電話がつながったと思ったら、案の定ネットワークビジネス(MLM)の話でした。

何回か電話で話して勧誘を受けました。

丁重にお断りしたところ、そのあとトラブルなどはありませんでした。

 

 

1.facebookで友達になる。

2.イベントに誘う。

3.勧誘する。

 

 

これって、実は鉄板の勧誘方法なのだそうですね。

知人の元ネットワークビジネス ディストリビューターが言っていました。

あなたがもしも勧誘されたくないなら、知らない人からの友達申請は断ったほうが良いと思います。

 

 

ところで、ネットワークビジネス(MLM)というと、普通は友達や家族、知人、同僚を誘いますよね。

なぜ、全くあったこともない私を誘ってきたのでしょうか?

 

 

これについても知人に聞いてみたところ、

「人脈が尽きたからじゃない?」

という答えが返ってきました。

 

 

なるほど!

友達家族、同僚知人とは言っても、無限ではないですからね。

私のfacebookの友達は260人です。

ここにfacebookをやっていない友達、家族、親戚、知人を入れてもせいぜい300人です。

 

 

300人を勧誘し終わったら、新たな人脈を作るしかないですね。

その方法の一つがfacebookだったんです。

会ったことのない人や、全然知らない人でも、SNSだと簡単につながって連絡が取れるから便利ですよね。

 

 

これからのネットワークビジネス(MLM)のトレンドはSNSになりそうな予感がします。

 

【悲報】友達の忠告を聞かずに勧誘を続けた結果・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ