金持ち父さんの本を勧誘に利用するなら、どの本を贈るべきだろうか?

lgf01a201406071500

金持ち父さん、貧乏父さん」という本を書いた、ロバート・キヨサキ氏は、ネットワークビジネスに対して肯定的な内容を、書いているといわれます。

でも、それは、「金持ち父さん貧乏父さん」の本ではありません。

普通のサラリーマンや主婦の方が、「金持ち父さん、貧乏父さん」の本を読んでも、Bクワドラントになるっていいなとは思うでしょうが、ネットワークビジネスがそのための手段だと気づくことはないと思います。

どうしてそう思うかって?

わたしが、そうだったから。(笑)

 

「金持ち父さん、貧乏父さん」の内容とは?

Bクワドラントというのは、サラリーマンとは違う立場の人たちのことを言います。

キャッシュフロー・クワドラントの中で、4つの分類に分けられた一つのグループを以下のように図で表すことができます。

 

cashflowquadrant

上の図の中の、E、S、B、Iが何を表すかなんですけど。。

  • E→従業員(employee)
  • S→自営業者(self-employee)
  • B→ビジネスオーナー(business owner)
  • I→投資家(investor)

 

ネットワークビジネスの成功者は、どこのクワドラントに属するか

「金持ち父さん、貧乏父さん」の本の説明によると、成功者というのは、右側の、Bクワドラントと、Iクワドラントを表します。

どんなに高給取りのサラリーマンで、今どんなにいい暮らしをしていても、Eは、成功者とは言えません。同様に、Sも、どんなにお金を儲けていても、自ら働くことで収入を得ているとしたら、成功者とは言えないということなんです。

ではネットワークビジネスで成功したら、Bに入れるのか、というと、どうなのかな~と思うの。私はね。

数パーセントの大成功者は別として、普通に月収100万くらい稼げている成功者なら、強いて分類に分けるなら、「限りなくBに近いS」 というのが正しいのではないかと思います。

 

「金持ち父さん、貧乏父さん」を勧めるタイミングはいつ

そういうアプローチをするのは、ネットワークビジネスである程度成功を予感した人にすべきではないでしょうか。

私が、アップに金持ち父さんの本を勧められたのは、そういうときでした。

「キャッシュフロー、クワドラント」という本でしたが、まさに衝撃的でした。

両親が自営業者で、苦労しているのを見て育ったので、結婚するならサラリーマンがいいと思って結婚したら、決まった給料で生活することがしんどい、しんどい。

身を持って労働収入で生活することの苦しさを味わっていた私は、その本を読んで、絶対に自分は右側に移るんだと決心したものです。

これらのことを説明して、共感してくれた人に、「金持ち父さん、貧乏父さん」を贈るのは、効果的かもしれません。

 

むしろ、こちらがお勧めの本

でも、もっと具体的に、ロバート・キヨサキ氏が、ネットワークビジネスを肯定している証拠を、人に見せたいと思って本をお探しなら、「人助けが好きなあなたに贈る~金持ち父さんのビジネススクールセカンドエディション―私がネットワークビジネスを勧める理由」がお勧めです。

ネットワークビジネスの魅力について、素晴らしい説明が載っています。

目が覚めるような内容なので、読んでいない方がいたらおすすめしたいと思います。

金持ち父さんの本を読むと、高い視点から、世の中を見れるようになるので、個人で事業を立ち上げて成功しようと思う人は、ぜひとも読むべきだと思います。

また年若い方でも、理解できるような易しい言葉で、ユーモアも交えて面白く書かれています。中学生のお子様に勧めても、十分に読めます。

しかし、「金持ち父さん、貧乏父さん」の本を、たくさん買いこんで、何も言わずに読むようにって渡したところで、勧誘に成功することはあまりないと思います。

一人も誘えない私が641人のダウンを無料で獲得した方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ