介護貧困時代が目の前です!どうする?

年金同様、若い世代にはまだ具体的に把握のしようがない
介護問題。

049

 

少子高齢化、介護期間の長期化など、行き着くところは
「お金」の問題になるのです。

介護が必要でありながらも長寿国でもある日本です。

早ければ早くていい「介護資金」の準備です。

介護費用は、具体的な数字に表してみると、要支援1から
要介護5という段階はあれど、全体平均としてみると
月額6.9万円という数字がでています。

要介護のレベルがあがって行けば費用も増額です。

公的介護保険を頼ろうと考えている人が75%を占めますが
60%の人は公的介護保険だけでは不十分とも考えています。

介護には、費用の負担もですが、家族の時間も必要とされます。
長年務めた会社を早期退職したり、時間が少しでも融通できるよう
介護の合間をアルバイトに駆け回る。

体力的にも精神的にも負担が増すと懸念されている介護現場。
介護資金の準備、捻出など、避けずに向き合い、早くからの
将来の自分年金的資金を、構築することは大切です。
インターネットの在宅ビジネスは、副業としてスタートしながら
本業を上回る権利収入に構築していく可能性を大きくもっています。
時間の経済の自由を獲得して、精神的にもゆとりある将来(老後)を

描き、健康に長生きをしていきたいですね。

 

自分年金は自宅で稼ぐ!節約よりも収入を増やす自助努力

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ