元サラリーマントップアフィリエイターが語る2014のネットビジネス動向

【PR】アフィリエイトで5,000円すら稼げなかった俺が、マルチに挑戦した結果
CSSS85_zangyoumonita20131019500-thumb-778x500-4043

景気の悪化と2014ネットビジネスの動向

 

ネットビジネス動向は、ネットビジネスをしている人ならば誰もが気になるところですね。

 

 

アベノミクス効果で景気が良くなっているといっても、末端の景気は悪くなるばかりです。

これから体力のない中小企業はバタバタ倒産していくでしょうし、

倒産しなくても業績が悪化して収入を減らす人が増えるのは間違いありません。

 

 

副業で取り組めるネットビジネスに注目が集まるのは当然の流れかもしれませんね。

そんな中、副業で取り組むのではなく、ネットビジネスを本業にしてしまう人が増えています。

実際、大手企業を退職してサラリーマンからネット起業家に転身する人もいます。

 

 

誰もがうらやむような大手企業の正社員という身分を捨ててまで取り組むということは、

それだけネットビジネスに可能性を見出しているのですね。

 

 

稼ぎやすいネットビジネスの動向

動向として、現在最も稼ぎやすいのは転売系と言われています。

転売系というと「せどり」、「オークション」、「アマゾン(amazon)」、

「BUYMA」、「ebay」、「海外から輸入」、「ヤフオク」等のキーワードが思い浮かびますね。

 

 

転売系は労働所得的な側面が強いですから、稼ぎやすいものの時間も労力もかかります。

一説によると、1人でやる場合には月収100万円が限界とも言われます。

 

 

次に稼ぎやすいと言われるのがyoutube動画、

そして、あまり稼ぎやすくないと言われるのがサイトアフィリエイトなどです。

しかし、これらは不労所得の側面が強く、稼げるようになれば楽かもしれません。

 

 

あなたの本音はネットビジネスで不労所得を得たい!

ネットビジネスの動向はこのようになっていますが、みなさん本音は

「稼げれば方法にはあまりこだわらない(違法なことでなければ)」

「そして、できることならば(最初は大変だったとしても)楽して稼ぎたい」

といったところではないでしょうか?

 

 

不労所得を得る、楽して稼ぐ!というと、

ネットワークビジネス(MLM)が有名ですよね。

 

 

友達や家族、同僚、知人を誘って商品を販売する会員になってもらい、

組織を広げていくことで収入を得るビジネスです。

 

 

実際にMLM(ネットワークビジネス)で成功した人の中には、

年収1億円を超え、海外で悠々自適に暮らしている人もいます。

 

 

「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なロバートキヨサキ氏も

ネットワークビジネス(MLM)を推奨しており、

それを勧誘の時の謳い文句にしている人もかなりいるようです。

 

 

働かなくてもお金が湯水のようにガッポガッポ入ってくる。

こんな生活をあなたが望んでいるのならば、MLM(ネットワークビジネス、マルチ商法)に

挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

魅力の多いネットワークビジネス、成功のために必要なこと

しかし、MLM(ネットワークビジネス)で誘うのは一般的には

友達、家族、知人、同僚などです。

普通の人ならば、多くても友達は100人~200人程度ではないですか?

それだとすぐに人脈が尽きてしまいますよね。

 

 

それならば、せっかくネットビジネスの動向を知ったのですから、

インターネットでMLM(ネットワークビジネス)を展開してみるのも手かもしれません。

インターネットならば、副業だとしても会社にバレる可能性も低いですし、

友達や家族に知られることなくビジネスを展開することも可能です。

 

 

インターネットでMLM(ネットワークビジネス)を展開する方法については、

こちらでお伝えしています。

 

アフィリエイトで5,000円すら稼げなかった俺が、マルチに挑戦した結果

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ