勧誘お断り!という人にネットワークビジネスを勧めて成功する方法

lgf01a201407040000

勧誘はなぜ嫌がられるんだろう

人間は本質的に、誰かにものを勧められることはうれしく感じない生き物のようですね。

「セールス・勧誘一切お断り」という、ステッカーを玄関に貼っている方がおられます。この意味は、物売りや宗教の勧誘は、ピンポンを鳴らすなよ!ということです。

実際、今欲しくないものを、その意思に関係なくがんがん勧めてくる人がいたら、それは迷惑な話です。どんなに大事な友人であっても、お世話になっている親族でも、うざいだけです。

欲しいときは、自分で云っていくから、それまで待ってて、と云いたいですよね。

 

勧誘は勧誘でも、勧誘されて感謝されるケースも

ところが、ものによっては誘って感謝されたり、逆に誘わなくて怒られることもあるのではないでしょうか。

「お団子作ったから、お月見をするのでみんなで集まりましょうよ。」というお誘いだったら、ぜひ誘ってほしいですよね。

誘ってほしいお誘いって、他にもありますよね。

映画の撮影で、嵐が近所に来てるから、ちょっと見に行かない?

いつもは、一本1,000円のカツオが、今日は大サービスで200円よ、ぜひ行っておいでよ!

 

嫌がられる勧誘と喜ばれる勧誘があるようです

ことは単純なんです。

子供にキャンディを差し出したらにっこりして泣き止みますが、ピーマンでは役に立たない。

大人だって同じです。

自分が求めているものが手に入るなら、勧誘されることは喜びで、自分の進まないことに誘われるのは迷惑なんですよね。

それならば、相手が求めていることを薦めれば、圧倒的に成功率は上がるということです。

 

ネットワークビジネスを勧めて成功する方法

私もネットワークビジネスをやっているので、できるだけ多くの人に、自分が最高だと思って愛用している商品を薦めたいという気持ちがあります。

でも、誘っても喜んでもらえなかったらという心配があるので、口コミがなかなかできませんでした。

そこで、ネットワークビジネスが大好きな人、ネットワークビジネス製品の価値を知っている人、ネットワークビジネスの報酬の魅力に惹かれている人を探す方が早いなと結論を出しました。

インターネット版MLMが、成功しているのは、その発想があるからなんです。

 

ネットワークビジネスを好きな人なんて、本当にいるの?

あなたの周りには、そんなにいないと思います。

でも、いるんですよ。隠れネットワークビジネスファンが。。。

その証拠に、インタネットでネットワークビジネスについてグーグル検索で調べている人は、月間約2万人います。もちろん日本で。

その人たちは少なくともネットワークビジネスに興味があり、情報を求めています。

 

その関心ある人と、個人的に知り合いになれたら・・・

それができる方法が、私たちが持っているインターネット集客ノウハウなのです。

口コミが上手な人には、なんとまどろっこしい方法だろうと云われるでしょうね。しかし、この方法ならば、ネットワークビジネスの勧誘が嫌がられることはなくなります。

一人も誘えない私が641人のダウンをネットで獲得した方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ