30代サラリーマンの平均年収は!?ネットワークビジネスが悩みを解決!

平均年収を気にする人生とはさようなら。30代は絶好のチャンス! 

30代サラリーマン、自分の年収って平均年収に比べてどうなんだろうかって気になりますよね。

1年前のデータになりますが、転職サービスサイトが発表した、正社員の平均年収から30代平均年収を見てみましょう。

この統計は、同サービスに2012年10月~2013年9月末に登録したビジネスパーソン約10万人のデータをまとめたものです。

そのまとめによると、全体での平均年収は446万円。
4年ぶりの増加だったようです。

アベノミクスによる円安や株高、消費税増税前の駆け込み需要などで業績が拡大した企業がボーナスアップを図るなどしたことが、平均年収を押し上げたと分析されています。

年代別の平均年収はどうなっているでしょうか?

年代別にみると、20代の年収増は349万円で、前年比+9万円と一番の増加率。

気になる30代は、458万円で前年比0万円と横ばい。

40代は、さすがの598万円ですが、前年比では-10万円。

こちらは2007年の調査開始以来、ほぼ一貫して減少というから、気になります。

細かく1歳ごとにみると、35歳未満は全年齢で年収が増加したものの、35歳以上50歳未満はほぼ全年齢で減少ということ。

35歳以上で減少・・・

これから行く道ですから、先行きは険しい暗闇でしょうか?元気がなくなってしまいますね。

見方としては、 「年功による年収増が見込めなくなる中、今後はミドル層以上でも自分の市場価値を適正に見極め、スキルアップを図る必要性が高まるだろう。

その一方で、成果型報酬型の給与体系の普及により、若手層であっても能力や成果次第で高年収が狙える環境は今後も拡大していくと予測される」とのこと。

弱肉強食、実力社会。

これからは、普通にしているだけでは年収は横ばいか下がる一方、ひとたび、自分の身や家族に何かあれば、たちまち弱者に転落といった感じですね。

他にも、30代の男女別平均年収を比較しているサイトもありますね。

30代前半
男性:450万
女性:300万程度

30代後半
男性:530万
女性:290万程度

30代後半の女性の年収が、それまでよりが下がってしまう理由は、仕事をやめ子育てをしながらパートをしたりすることが多くなる為のようですね。

平均年収から見える真実とは?

さて、あなたの年収は平均年収と比べていかがでしたか?

30代というと、結婚して子供が生まれる年代ですね。

実際のところ、平均年収のお給料では、専業主婦の奥さんと子供二人、新築マンションというのは厳しいですよね。

しかも、データによるとこの先も横ばい傾向なんですから。

でも、平均年収に対して、自分の年収が多い少ないと一喜一憂しても仕方がありません。

もし100万も(?)多いと優越感に浸ったところで、実際の暮らしの中で、毎月生活がぎりぎりだ、結婚資金がない、マンションを買う頭金がない、子どもの教育費の不安が頭をよぎる、といった人にとっては満足いくものではありません。

結局のところ、経済的な満足度というのは、月々の生活はあたりまえのこと、それにプラスして自分のやりたいことができる金額を稼げているのか?ということに他なりません。

田舎で自給自足の暮らしをしたい人にとっては、サラリーマンの平均年収なんて関係ないですし、高級外車をいくつも持って、湾岸高層マンションの最上階に住みたい人は、年収1千万円でも足りないですね。

そして、やりたいことをできるほどの収入を手にする為には、やりたいことをやる時間が全くなくなるというのがサラリーマンの限界でもあります。

平均的な年収のサラリーマンが、少しでも多く稼ごうと残業続きの毎日に土日出勤までしたところで、趣味に費やす時間も、家族と過ごす時間も無くなって、幸せからは遠ざかってしまいます。

労働報酬の時間的な限界から自由になるには?

実は、稼げは稼ぐほど自分の時間がなくなるという現象は、平凡なサラリーマンに限った話ではありません。

医者や弁護士のような仕事でさえ、経済的な自由と時間的な自由の両立は難しいのです。

だから、お金儲けをして楽に暮らしたいのなら医者や弁護士になってはいけませんね。
こういった仕事は志でするものです。(そうであって欲しいです。)

稼げば稼ぐほど、時間が自由になる。

そういったビジネスで、かつ平凡なサラリーマンにチャンスのあるビジネスは数は少ないですが、まったく無いわけではありません。

そのひとつがネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスの場合、経済的に潤えば潤うほど、時間な自由が増えます。

ネットワークビジネスで稼げる人というのは、たくさんのダウンを紹介し、またそのダウンが紹介者を出し続けている状態です。

その時、そのグループのリーダーは、初期に活動していたようなリクルート活動は必要ありません。

グループのメンバーがその人自身の為にリクルート活動を頑張ることが、あなたの報酬につながるからです。

優秀なダウンさんから伸びたラインのダウンフォローをすればよくなります。

いずれはそれすらも不要になるでしょうね。

ネットワークビジネスといえば口コミ勧誘?それはできない・・・

ネットワークビジネスが経済的、時間的な自由をもたらしてくれると言われても・・・

これまでにお友達からネットワークビジネスに誘われたことがある人も多いでしょうから、その時の経験から、自分が口コミ勧誘するのは難しいな。と感じる人も多いかもしれません。

もちろん、あなたがネットワークビジネスの不労収入に興味をもっても、口コミ活動でリクルートするという自信が無い場合には、インターネットでビジネスを展開するという方法も視野に入れるべきです。

でも、やみくもに活動しても、全く稼げません。

やっぱりどんなビジネスにも、知識ノウハウ、先人の知恵というものがあるからです。

自分で模索してみるよりも、すでに確立されているインターネットでの正しい集客ノウハウを学んだ方が、成功する確率は格段にあがります。

 

インターネットでの組織の作り方、ダウンをザクザク稼ぐ秘密の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ