ネットワークビジネスに大学生は参加できるの?

本業を犠牲にせずに空いた時間にネットで金持ち父さんになる成功法!

9849362_6ae302f241ネットワークビジネス大学生参加して成功することは可能なのでしょうか。

大学の学費や生活費をアルバイトで稼ぐという大学生は非常に多く、稼ぎ方の1つの形としてネットワークビジネスを選択する人もいます。

 

学生起業などが注目されるようになったこともあって、ネットワークビジネスへの参加も以前よりしやすい環境にあるのではないでしょうか。

大学生はさまざまな人とコミュニケーションをとる機会が多い立場です。

講義ごとに顔を合わせる仲間は違いますし、所属するゼミやサークルなどを含めれば、多くの人と出会うことになります。

 

これらの人脈を上手く活用できれば、社会人に劣らないグループを形成することも可能でしょう。

しかし、大学生がネットワークビジネスをする上で気を付けないといけないこともあります。

 

それは大学生の本業はあくまでも勉強だということです。

ネットワークビジネスに熱意を持って参加することは良いことですが、ビジネスに集中するあまり、勉強がおろそかになっては元も子もありません。

 

また自分でアルバイトをして経費を捻出し、経費もあまりかからないタイプのビジネスならまだしも、親に仕送りしてもらっている、実家から通って毎月小遣いをもらっているという立場で高額のローンを組んだりしてビジネスに参加するというのは社会通念上も考え物です。

(そもそも、学生もそういった考え方をしてはいけませんが、学生に対してローンを組ませるような人が居たら、勧誘する側の人間も許しておくべきではありませんよね)

 

大学生は立派な成人かも知れませんが、やはりまだまだ学生としてそういった判断の甘さがある、個人の責任でビジネスに参加させるべきでは無いという声が有るのもうなずけます。

 

前述のような危険性を考慮してか、学生の参加に制限を付けるネットワークビジネスも数多く存在しています。

 

もちろん、ネットワークビジネスで大きな成功を収める自信があれば、大学を辞めてビジネスに集中するという選択肢もないわけではありませんが、もしもそう思っている方が周りにいたとしたら、まずは止めてあげてください。

なぜならせっかく入った大学ですから、まずは勉強をする、ビジネスは卒業するまで逃げたりしません。

 

早く参加しないと損と言うのはシステムにもよると思いますが、ほとんどの場合、大きなハンデにはなりません。

私の取り組むネットワークビジネスでも、事実6年間続けてきたアップを参加2年で追い抜いた人なや、参加に3年の差があるのに追い抜かれてしまった、なんてい話は日常的に起こります。

 

もしも大学生のうちにどうしてもビジネスに参加したいという場合は、自分のアルバイトで経費が十分に賄え、無借金で始められる、しかも親の承諾も得られれば、大学生でも参加できるというようなビジネスに参加を考えるといいでしょう。

友人を一人も勧誘せずに、ダウンを1000人以上増やした方法とは!

netbiz-d

友人を一人も勧誘せずに、ダウンを600人以上増やした方法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ