ネットワークビジネスの勧誘の上手な断り方!

友人知人の勧誘不要!口コミしないで毎月ダウンを増やす方法!

pho010011 久しぶりに旧友に会ったので、喫茶店でお茶する約束をして、行ってみたらネットワークビジネスの誘いだった。

そんなことは良くあるかと思われます。

 

旧友であれば、付き合いもそれほど多くないので、ネットワークビジネスの勧誘とわかった時点で、しっかりと断れば良いのですが、普段から付き合いのある友人や知人からネットワークビジネス勧誘を受けた時はそうはいきません。

場合によっては付き合い上うまく断りきれないかもしれません。

 

しかし、断れない場合、欲しくも無い商品を買わされてしまい、自分が被害を被ってしまいます。

そこで、このような悩みをお持ちの方に、ネットワークビジネスに勧誘された時の上手な断り方を紹介したいと思います。

 

まずは、ネットワークビジネス断るためのビジネスをしない正当な理由を見つけます。

例えば、宗教上の理由でネットワークビジネスを出来ないなどです。

宗教によってはネットワークビジネスのような商売を禁止している宗教もあります。

そこで、信仰上の理由によって出来ない旨を伝えてみましょう。

もちろんこれは一例にすぎませんが、正当な理由があれば相手も誘いにくいですから、ネットワークビジネスの誘いを断りやすくなります、まずは理由を一つ見つけることが良いと思われます。

 

次に、ネットワークビジネスの勧誘の断り方で重要なのは、相手にはっきりとした口調で断ることです。

また今度時間があるときなどと曖昧な返事を繰り返していると、相手も必死ですので、いつまでも勧誘してきます。

 

なので、ネットワークビジネスをやりたくなければ、「ネットワークビジネスには全く興味が無い」旨を伝えることが重要です。

はっきりと「参加の意思がない」「製品の購入意思がない」という事が伝わるようにした場合、ネットワークビジネスのしつこい勧誘はいくら親しい間柄でも法律違反となります。

 

「全くお金に困っていないので副業をするつもりもない」旨伝えるのも良いかもしれません。

ネットワークビジネスでは多くの場合口コミ勧誘で、製品は良いという話とともに、お金儲けできるよといった趣旨の話がなされますので、稼ぐ必要性を感じてない人は脈無しだと思われ、他の人をターゲットに勧誘する方向にシフトして行くと思われます。

 

断り方にも色々とありますが、この2つに注意してさえいれば、十中八九断ることができると思いますし、あとに嫌な気分が長引くことも無いと思います。

ネットワークビジネスの勧誘を断りたいのなら、親しい相手ほど絶対にやってはいけないのが、「考えておく」などの曖昧な返事です。

親しい間柄を壊したくなければ、断るときにははっきりとした態度で断ることも必要です。

友人知人の勧誘不要!口コミしないで毎月ダウンを増やす方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ