ネットワークビジネスの断り方と、勧誘がしつこい場合の対応法について。

bin001 ネットワークビジネスは、口コミ、すなわち直接対面の勧誘行為によって多くのユーザーを増やしていき、収入を得る形態のビジネスモデルをいいます。

 

この勧誘行為について、人によってはしつこく勧誘してきたりするので、ネットワークビジネス企業としてもセミナー等を開催してその予防に努めている企業もあるようですが、結局はその人個人の勧誘方法の問題であって、いくら企業側が対策をしたとしても限界があります。

 

そこで、今回は、この勧誘行為がしつこい場合のネットワークビジネス断り方をご紹介したいと思います。

勧誘行為がしつこい場合、それはおそらく、あなたがもっと押せば買ってくれる見込み客だと思われているからです。

 

したがって、その場合の断り方としては、はっきりと明確に「やりたくない」「買いたくない」旨を伝えることが重要です。

しっかりと明確な意思表示をすることによって、多くの場合相手は諦めてくれます。

 

しかし、中にはそこまで言っても勧誘行為をやめてくれない人が存在します。

そのような場合は、その場から立ち去り、その人との今後の付き合いも考えた方が良いかもしれません。

 

確かに、人間関係を壊したくないもの分かりますが、その人は完全にあなたの親切な気持ちに対してつけ込んでいるからこそしつこく勧誘してくるし、その人自身もあなたのことをその程度の付き合いだとしか考えていないのです。

 

したがって、しつこく勧誘してくる場合は今後一切その人と関わらないようにする位の態度で対応することが望ましいと思われます。

 

またこちらが明確に断りの意思を示したにも関わらずしつこい勧誘が続く場合は会社側に辞めてほしい旨訴えるという方法もあります。

ほとんどのネットワークビジネスを展開する会社は、コンプライアンスを重視していますので、勧誘を拒否した人に対する無理な勧誘を放置する会社は無いでしょう。

 

この断り方を実行する上で重要なのは自分の確固たる意志が重要となってきますので、押しに弱い方や友人関係を大切にしたいという気持ちが強い方ほど特に注意してください。

人脈が無い人でも成功できるネットワークビジネス成功法とは!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ