ネットワークビジネスは〇〇を選ぶと成功できないってホント?

販売型?購買型?それよりも、口コミする相手はいますか?

ネットワークビジネスで、できるだけリスクを少なくして成功したいなら必ず押さえたいポイントがあります。

それは、あなたが参加しようとしているネットワークビジネス主宰会社が「購買型」なのか「販売型」なのか?という点です。

「成功するには、報酬プランや製品が大事なんでしょ?購買型販売型それって何のこと・・・?」

確かに、成功するには報酬プランや、どんな効果のある製品を取り扱っているのか、ということはとても重要です。

でも、小資本でリスクを取らずに始めたいというサラリーマンや主婦、OLの人は、「購買型」のネットワークビジネスを選ぶということが何よりも大事なのです。

販売型と購買型

ネットワークビジネスには、大きく分けて「販売型」と「購買型」とがあります。

販売型」と言われるものは、ディストリビューターとなったあなたが主宰会社から商品を購入し、あなたの知人、親戚といった人脈に商品を小売りするのです。

会員は定価に比べて割安で購入することができ、しかも大量に買えば買うほど安く購入することができます。

実はそこに大きな落とし穴が・・・

「ネットワークビジネスで絶対成功するぞ!」と意気込んだ新規参加者は、せっかくだったら安いうちに購入して、売りさばいて大成功!と思いますよね。

安く仕入れて、高く売る。しかもたくさん。

これは商売としてはごく当たり前のことです。

でも、そこに販売型の落とし穴があるのです。

それは、ネットワークビジネスは、お客さんが向こうからやってくるような仕組みではないので自分から売り込まなければいけないこと、でも自分は販売のプロではなく売るノウハウがないこと、そして、売る相手が自分の人脈に限られている、ということです。

しかも、世間でのネットワークビジネスのイメージは悪い・・・

どんなに安く仕入れた商品でも、売る相手がいないとなれば不良在庫になってしまうのです。

そうすると、押し入れやクローゼットに在庫の山、そしてカードの限度額をあげてまで購入した何十万というクレジット残高だけが残ることになります。

これは、あなたが頑張って出した紹介者も同じ思いをすることになります。

売る当てのない商品に囲まれた人は「被害者」意識を持ちますから、ネットワークビジネス特有のトラブルにも発展しやすいのです。

一方の「購買型」の場合、ディストリビューターであるあなたは製品の良さを紹介するだけ。

製品を欲しいと思った人は、あなたからではなく、会社から直接購入します。

あなたへの報酬は紹介者が購入した製品代金の何%と決まっていて、それが支払われることになります。

この違いは非常に大きいです。

実は、販売型の大変さは初期投資や、大量在庫ばかりではありません。

販売型は、言ってみれば、店舗を構えて商品を売る代理店ともいえますから、結局のところあなたは働きつづけなければいけない状態。

そしてあなたが紹介したダウンさんも同じように在庫を抱えて売りさばく必要があるので、
新規参入のハードルも高くなります。

店舗運営経験のある人ならば、紹介料の報酬があるので、一般の小売以上のメリットが感じられるかもしれませんが、会社員や主婦が気楽にお小遣い稼ぎに始めるには向いていないといえますね。

本当のところ、購入側から見ても、押し入れに半年以上も眠って埃をかぶった商品は、購入したときの魅力も半減・・・・

健康食品なら消費期限も気になりますし、化粧品だって使用期限気になりますよね。

ネットワークビジネスを始めるときは、その主宰会社が「販売型」なのか「購入型」なのか、要チェックですね。

インターネットでの組織の作り方、ダウンをザクザク稼ぐ秘密の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ