ネットワークビジネスで確定申告が必要な人

ネットワークビジネスで確定申告が必要な人

そろそろ確定申告の準備を行う時期になってきましたね。

確定申告は2月16日から3月15日までなので
ネットワークビジネスをされている方は忘れずに行いましょうね。

kawaguchi
私のプロフィール

正確に言うと、ネットワークビジネスの確定申告をする必要がある人とは、
ネットワークビジネスを専業でやっていて、所得(収入-経費)が38万円以上あり、
源泉徴収がされていない人です。

また、サラリーマンやパートなどで副業でネットワークビジネスをやっている人でも、
ネットワークビジネスでの所得が1年間に20万円以上ある人は確定申告をしないといけません。

逆に確定申告をしなくてもいい人は、ネットワークビジネスをしていても収入がなかった人、
赤字の人、所得が1年間に38万円未満の人です。

でも、サラリーマンやパート、OLなどの給与所得があって、ネットワークビジネスの
収入が赤字の人は、合算して損益通算することで、税金が還付される
翌年の住民税が安くなるなどのメリットがありますから、ぜひ確定申告をしましょう。

実はネットワークビジネスで経費計上が行えるものはかなりたくさんあります。

通常のネットワークビジネスであれば以下のものが
確定申告にて経費計上できますよ。

セミナー参加費や研修費
勉強費(書籍、雑誌、新聞等)
喫茶店費
携帯電話等の通信費
文房具等の費用

そして、私が行っている在宅のネットワークビジネスの場合、
更に以下のようなものが経費となります。

家賃(30~50%程度)
PC通信費
プリンタ等の備品購入費
インク等の費用

特に家賃が経費計上できるのはかなりお得ですね。

事業初年度はまだまだ通常、報酬は多くないでしょうから
赤字計上、本業で赤字を補填という形になるでしょう。

その場合の確定申告は税金が非常に安くなります。

特に1年目などで報酬が少ない方こそ税金対策だけでなく
今後のビジネスの為にも行う事をおオススメします。

確定申告については税務署にご相談くださいね

↓↓今すぐクリック↓↓
誰も勧誘せずにダウンをあっさり獲得する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ