マイナンバー管理もビジネスも自宅でサクサク!の時代です。

来年2016年からマイナンバー制度の運用が本格的に始まります。
とはいえ、そもそものマイナンバー制度、まだまだ先と考えてしまいますね。

 

ですが、受身ではなく、私たち自身も理解をしようとする姿勢は大切です。

今年2015年10月から国内に住民票を有する人が対象でマイナンバー
個人番号の通知が始まります。
12桁の個人番号です。
所得や他の行政のサービスの受給状況を把握し、負担を不当に免れることや
給付を不正に受けることを防止し、本当に困っている方にきめ細やかな
支援を行えるようになります。

添付書類の削減で行政手続きが簡素化されて国民の負担が軽減されます。

行政期間が持つ私たちの情報を確認したり、行政機関から様々なサービスの
お知らせを受け取ることができるようになります。

行政機関や地方公共団体などでの情報の照合、転記、入力などに要する時間や
労力が大幅に削減できます。

私たちは今後、行政機関や民間企業などへ、マイナンバーの告知が必要となって
きます。

民間企業でも、従業員の健康保険や厚生年金の加入手続き、従業員の給料から
源泉徴収して税金を納めたりします。

保険会社や金融機関でも、保険金、配当金などの税務処理を行う際、マイナンバーが
必要となります。

社会保障・税・災害対策の手続きに、国や地方公共団体、勤務先、金融機関、
年金・医療保険者などに提供するものと定められていますが、こうした法律で
定められた目的以外にむやみに他人にマイナンバーを提供することはできませんし
不正に他人のマイナンバーを入手したり、個人の秘密が記録された

個人情報ファイルを不当に他人に抵抗したりすると処罰の対象となります。

 

とはいえ、「顔写真」とともに氏名・住所・生年月日・性別という個人情報が

漏れるのではという不安も拭えませんね。

自分のマイナンバーを使って個人情報がどのようにやりとりされているのかが、

自分自身で記録を確認できる手段として2017年1月からは

「情報提供等記録開示システム」の稼働が予定されているそうです。

そうすると、自宅のパソコンから閲覧も可能になるのだとか?!
なんでも自宅で可能、素晴らしいですね。
そうなんです、パソコン環境はさらに必須な今後となってきますよ。

閲覧に際しても自宅のパソコンから、となるとパソコンありきが前提となります。

この環境が当たり前のこれから、ますますパソコン、インターネットとの密な
生活となるのです。

このパソコン、インターネット環境を稼ぐ場として活用しない手はありません。

パソコンがあれば、家事や育児、介護にと自宅でのスキマ時間で収入を稼ぐのに
活用できる在宅ビジネスです。

「当たり前」の反対語は「ありがたい」です。

パソコン、インターネットが当たり前で終わってはもったいないのです。
ありがたい環境が、今、目の前にあるということ

これを見過ごすか、しっかりと自分に落とし込むか…

今の判断が3年後5年後の、豊かな未来になるかならないかの

分かれ目でもあるのです。

 

インターネットで稼ぐ先見の明、5年後には当たり前?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ