本当に稼げる情報商材の見分け方

あなたを稼がせてこそ、私も稼げるネットビジネス。だから無料です!!

lgf01a201406131700

私も情報商材を買ったことがありますが、ビジネス関係のものは胡散臭いと感じて、買ったことがありません。

正直、本当に稼げる情報商材はあるのか、という疑問を持っています。

強いて言うなら、確実に思えるものは、「自己アフィリで5万円稼ぐ方法」などでしょうか。

これは、無料で作れるクレジットカードや、銀行口座を開設して、アフィリエイトの自己アフィリでお金を稼ぐ方法です。

でも、これって本人は一回稼いだらそれで終わるよね。それに、切羽詰っている人だったら、カード作れない人が多いのでは?

確かに稼げるだろうけど、「本当に稼げる情報商材」を求めている人に、これを紹介したら、バカにするなといわれるかも。

 

情報商材の問題点

これまでに関係省庁に、情報商材を買ったら詐欺だったという人の苦情を見ると、いくつかの問題点があるようです。

  • 買って中身を見るまでは、どういう情報なのかわからないので、期待した情報ではなかった
  • 「確実に収入が得られる」「確実にモテる」など、儲けや良い結果が確実にあるような表示がある
  • 事前に説明のなかった費用が、あとから必要になる場合がある (開業資金、月額更新料)
  • 広告や情報商材に販売者の電話番号やメールアドレスの表示があるも、一切連絡が取れない場合が見られる

 

ノウハウコレクターのアドバイス

世の中には、ノウハウコレクターという人たちが存在します。そのような方たちが、Yahoo知恵袋の質問に答えていたアドバイスが実に面白かったので、紹介しますね。

 

信用してもいい情報商材

全額返品と書かれているもの以外利用しない

フロントエンド教材は比較的マシです。
バックエンド教材は高額の割りに価格に見合ってない場合が多いいような気がします。

infotopで販売されている商品辺りは審査が厳しいので、比較的信頼が置ける商品が多いです。

金儲けの情報は、手持ちの現金よりも価値が高いですよ。蓄えた知識は消えないですから。

なるほど。。。参考にしてみたいと思います。

ちなみに、返金保証については、表示があるなしに関わらず、宣伝が虚偽であれば、消費者契約法に基づいて返金請求できるもの消費者契約法に基づいて返金請求できるらしい。

でも、返金保証を掲げている商材において、返金に応じない以前に連絡が付かないケースも存在するので、請求する権利は認められていても、実際には泣き寝入りする人が多いみたいですね。

 

情報商材として販売されるものの例

WIKIの情報を載せてくれてる人もいました。

情報商材として販売されるものの例
多額の現金を得る方法 、方法は明示せずに「簡単に儲ける方法」として販売するもの

デイトレードなど株式売買
インターネットオークションを利用するもの
アフィリエイトを利用するもの
連鎖販売取引を行うもの(買った情報商材に情報商材の売り方が書いてあることも。)
競馬の必勝法
パチンコ・パチスロの攻略に関するもの
無料で音楽や動画のファイルを手に入れる方法(P2Pアプリを用いることが多い)
中古車を輸出する方法
ダイエットの方法
外国語学習法・TOEICスコア向上法
異性にもてる方法
公共料金などを安くする方法
SEO対策
自分の右腕を切り落として障害年金をもらう
生命保険に入り、1年後に自殺する

本当に稼げる商材は、ないとは言えませんが、慎重にすべきだということがわかりますね。

期待外れに終わる可能性が大変高いこと、ひとたび買ったら返金はないということ、、など、覚悟して買うのなら、いつかいい商材に出会えるでしょう。

 

相談窓口

情報商材についての、トラブルは、こちらで相談に乗ってくれるみたいです。

消費者ホットライン http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

 

あなたを稼がせてこそ、私も稼げるネットビジネス。だから無料です!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ