40代バブル世代は「リストラ予備軍」?!

40代~50代前半のバブル入社組が現在のビジネス最前線にいます。

バブル世代の私たちは大量採用で同期の人数は多いのが特徴、ですが会社のポストの数は限られています。

その中の少数の人だけが部長や管理職へと昇格していきます。

50代を迎えたバブル世代の中には部下なし管理職というポストに就く確率も高くなっています。

そこそこ順調にきた一般社員が部下はいないが管理職扱いで処遇される「ポストの空き待ち」という位置づけだったりします。

でも、この部下なし管理職はリストラ予備軍とも言われています。

会社員として生き残り続けたいのであれば、

生き残るための方向性を見極めて行くことが大切です。

例えば、特別な担当者として組織業務を牽引できる。

これまでの経験・専門性を活かして「この人でなければ担当できない」までのポジションを確立してしまう。

ライン管理職のサポート役に徹底できること

などなど。

 

40歳を超えてくると、見られ方も変わります。

残業をがんばる社員が評価されるのは30代まで。

40代からは残業してると生産性が悪いと残業代稼ぎしているという見られ方になるそうですよ。

 

40代、会社員人生を全うするのであれば、

通勤の体力勝負

そして生き残りの知恵力勝負 ですね。

生き方は人それぞれです。

 

雇われない生き方も、選択にはあります。

インターネットが普及した現代、この環境で稼げる術が確立されています。

在宅ビジネスです。

それを知らずにおくのはもったいないですね。

雇われるから個人事業主として稼ぐ組織を構築する。

もちろん、1人でできることではありません。

在宅ビジネス、1人ではないのはなぜか?

どうしてインターネットで稼ぐことができるのか?

 

40代からの生き方、稼ぎ方を見直してみるなら選択肢に加えて、本気で考えてみませんか?

もっと早く知し会いたかった(;´∀`)でも始めた時が必然です。そのときを逃さなければいつでもグッドタイミング(o^-‘)b

在宅で稼ぐ新常識「インターネットビジネス」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ