スパイウェアに対して、セキュリティソフトはどの程度闘えるのか~アンチウイルスソフトは死んだ

普通の主婦が、完全在宅でとんでもない収入

lgf01a201406141900

アンチウイルスソフトは死んだ・・・のか?

最近のスパイウェアに対して、もはやセキュリティソフトが入っているから大丈夫とは言えなくなったようです。

アンチウイルスソフトは死んだ」と発言したのは、ノートンで有名なシマンテック幹部であるブライアン・ダイ氏という方です。

彼が説明した衝撃の事実とは。。。

現在のアンチウイルスソフトがウイルスなどの攻撃を検知できているのは全体の45%だけで、じつに55%の攻撃は検知されることなく素通りしているという状況になっている

すでに、ハッキングの手口がたいへん巧妙化してきており、もはや従来型の対策法に限界があるということです。

これを、なんとセキュリティソフトを開発する側が、白状してしまったことは、私たちにとって大きな問題ですね。

もはや、ハッキング(コンピューターに不正に侵入して乗っ取る)を防ぐことはできないアンチウイルスソフト。

すでに、KasperskyやMcAfeeなどでは、ハッキングされていることを感知して、ユーザーの損失を可能な限り少なくする」という方向へ進んでいるそうです。

 

つまり・・・

セキュリティソフトが入っているから安心、なんて言っていられないということなんですね。

 

スパイウェアから個人情報を守るために

私たちは、自分でも対策をしなくてはいけません。

 

スパイウェアが入ってくる侵入経路

まず必要なのは、そういうスパイウェアが入ってくる経路を知ることですね。

  • ホームページを閲覧したとき
  • ネット上のフリーソフトをダウンロードしたとき
  • メールの添付ファイルから侵入

このほか、Windowsをはじめ、プログラムをUpdateをし忘れて、古いまま使っている場合、そこからウィルスが感染してくることがあります。

怪しいサイトを開かないようにしたり、フリーソフトをダウンロードしないようにするとか、そのソフトに勝手にくっついてくるソフトなどを一緒にダウンロードしないように気を付けることが必要です。

それから、怪しいメールを開かない、添付ファイルを開かないことは、云うまでもありません。

それだけしたら、かなりの危険を減らすことができます。

 

ネットワークにつながなければ安心?

でも、十分ではありません。

ネットワークにつながっていないパソコンでも、USBを介して感染するウィルスもあるそうです。

人にパソコンを貸したり、ネットカフェを使用したりしても、危険があるということです。

くれぐれも用心していきましょう。

 

3年半で本業以上に稼げるようになった私の副業、そのヒント差し上げます!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ