ネットバンキングで42.2%が危ない目に、フィッシングメール2年前から倍増

 

知らなくて損する情報は、フィッシング詐欺だけじゃないですよ

lgf01a201407040000

http://internetcom.jp/webtech/20150115/survey-on-security-of-internet-banking.html

被害・危険の内訳をみると、2014年には預金の不正出金(2.1%)や個人情報・口座情報の流出(15.8%)といった実際の被害から、フィッシングメールの受信(25.5%)やスパイウェアへの感染(15.4%)など被害の前段階である危険への経験まで、全項目で前回2012年からの増加がみられた。

合計すると、前年比42.2%増 ぎょぎょ!!

インターネットでは、最も身近な詐欺の手口

フィッシングメール

そういえば、この頃、三菱UFJ銀行から、ちょくちょくメールが来ます。

・・・私、こちらの銀行と取引していないんですよね。

 

【三菱東京UFJ銀行】本人認証サービス

明らかに詐欺ですね~。

 

よく見ると、宛先が私じゃないメールもあります。

つまり? BCCで、私に送ってるってことですよね。なんて手の込んだことをするんでしょうか。

 

どうやって気を付けるの?

ネットバンキングを使っている人は、少なくとも危険が迫っているので気を付けてください。

そう云ったフィッシング詐欺、その他の被害が、1年で42.2%も増加しているというのだから、本当に恐ろしいです。

これからも、どんどん増加するでしょう。

自分で見破って、詐欺にひっかからないようにするしか、対策はありません。

 

こんなメールを受け取っていませんか

その手口は、突然、企業名や大手銀行、Yahooなどからメールが来るそうです。

「個人情報が漏えいしました!」

「お客様のアカウントは何らかの取引に利用されている恐れがありますので、お手数ですが、システムにログインして、異常がないかご確認いただきますようお願いします。 」

【三菱東京UFJ銀行】本人認証サービス なんてメール、詐欺ですよ

 

大手銀行ばかりじゃない

大手銀行はもちろん、名前を聞いたことがない地方銀行、ゆうちょも、JAも、フィッシングメールが届くことはありうることです。

開いてみると、いつも取引している銀行のサイト。(実は偽もの)

登録情報でログインすると、その瞬間、情報を抜き取られてしまっているんです

あーー恐ろしいですね。

ショッピングサイトも気を付けて

楽天やYahooなど、ショッピングサイトも、同様の偽サイトが作られていて、クレジットカードの情報を入れたら、大変です。

クレジットカードを使用した履歴を、たびたび確認するのは常識だとは思いますが、中には案外無頓着な人もいると思います。

気を付けましょう!!

 

知らなくて損する情報は、フィッシング詐欺だけじゃないですよ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ