食品の異物混入報告が続く本当の理由とは?

futari-1

次々出てくる食品の異物混入報告!

最近、テレビなどでも、食品異物混入報告がよく報道されるようになりましたね。でも、これって最近から急に出てきた問題ではないのですよね。 たまたまメディアが取り上げると反響があるので、マスコミがよってたかって取り上げているからですが、実際にかなり多くの事例が上がっています・・・。

食品異物混入ですが、食品衛生法の第6条4項では「不潔、異物の混入又は添加その他の事由により、人の健康を損なうおそれがあるもの」について製造販売を禁止することを明記しているようです。

だいたい法令はそうなっているのですが、では何が「異物」なのかという記述は明確ではないのです。これでは消費者の立場では、食品中の不快あるいは不安な要素、すなわちいつもと異なる「何か」を目で見て気が付いた全てが「異物」と解釈も出来ますよね。

 

異物とは何か?曖昧な法令・・・。

過去の食品異物混入事故の事例では、様々なものが苦情として申告されていますが、食品中の異物は食中毒のような明らかな健康被害をもたらすものは少ないこともあって、法律上の区分で考えられるほど明確ではないようです。

異物の判断基準とは、形や大きさ・性状・危険性で決められるものでなく、異物と消費者側が感じる可能性のあるもの全てと考えなくてはならないのですね。

製造者側の概念で基準を考えるのではなく、消費者の目線に立って苦情の予測を的確に出来なければ、異物混入事故はなくならないのですね。

ですから、様々な種類の異物が混入する可能性を製造現場で的確に想定して、その混入する原因を偏りのないように管理することが必要なのです。 食品製造の現場は本当に大変なのですね。

 

最も大事なのは製造に携わる各人の自覚!

そう考えると、異物混入防止において最も大切なことは「経営者の確固たる意志」なのだそうです。絶対に異物混入を出さないという強い意識を持って、従業員を引っ張っていくことが重要なのでしょうね。 さらに「最前線(製造現場)の人達がいかに異物混入防止に対する自覚があるかでしょうね。

これからは顧客満足が、ますます問われる時代ですよね。そういった中、製造現場が髪の毛一本くらいという態度でいると顧客の信用を失いかねないのですね。

 

そういう現場で働いていると、不祥事が起きて、製造工場の一時休止や閉鎖に追い込まれるケースもあり、アルバイトや派遣社員などは、仕事を失うケースも出てきています。 そういう人たちは生活がかかっているので死活問題ですよね。

そういう時に、慌てなくて良いのは、在宅でも生計を立てていけるくらいの収入を稼げるようにしておくと、保険や年金の代わりになりますし、有り難いと思いませんか?

 

私が行う在宅ビジネスでも、自覚を持って取り組んでいるメンバーは、リーダーになって活躍しています。 「そんなの私には関係ない」とか言ってる人は成功者にはなれないのです。 全ては「自覚」をするか、しないかの差だと思うと怖いですね。

 

自覚した人が成功出来るビジネス方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ