アメリカではネットワークビジネス(MLM)のイメージが良いというのは嘘!?

【悲報】友達の忠告を聞かずに勧誘を続けた結果・・
yun_901.jpg

アメリカのネットワークビジネスのイメージ

アメリカではネットワークビジネス(MLM)のイメージは悪くなくて、普通なんだよ。

サイドビジネスも普通にみんなやってるしね!

こんな勧誘受けたことありませんか?

 

 

たしかにアメリカではサイドビジネスをやっている人は多いです。

しかし、「アメリカではネットワークビジネス(MLM)のイメージが悪くない」

というのは実は嘘かもしれません。

 

 

というのも、実際にはアメリカでも

「ネットワークビジネスはカルト!」

と思っている人が残念ながらいるからです。

 

 

もちろん、アメリカ人全員がそうではないですが、

イメージが良い、まで言ってしまうと言いすぎのような気もしますね。

 

 

アメリカ以外の国はどう?韓国、タイ、ベトナム、中国、、、

それでも日米での考え方の違いから、

日本よりはポジティブなイメージを持っている人が多いかもしれません。

アメリカというと「自由の国」、「チャンスの国」、「成功者を生み出す国」

そういうイメージがありますからね。

 

 

ちなみに、日本以外のアジアの国々でのネットワークビジネス(MLM)のイメージも

簡単に調べてみましたが、大凡どこも同じでネガティブなイメージが先行するようです。

 

 

ただ、今後は会社に勤めていれば安心という時代ではないので、

何かしらのサイドビジネス(副業)を始める人が増えます。

そうすると必然的に不労所得の可能性があるネットワークビジネス(MLM)に

参加する人も増えることが予想されます。

 

 

ネットワークビジネス(MLM)人口が多くなれば、イメージも改善され、

今以上にビジネスを展開しやすくなるかもしれません。

 

 

サイドビジネス(副業)に重要なのは活動時間の自由度

しかし、サイドビジネスで取り組む人が多いので、

本業後の空いた時間や本業が休みの日など、自分の自由な時間に活動したい。

そういう需要が強くなります。

 

 

ネットワークビジネス(MLM)の中には、時間の自由があまりないビジネスも

あるようですので、ビジネス選びは慎重に行ったほうが良いですね。

 

 

実はネットワークビジネス(MLM)にはインターネット集客という方法もあります。

インターネットを使って集客すれば、アフィリエイト等のネットビジネス同様で

本業後の好きな時間、空いた時間で活動できます。

 

 

インターネットを使ったネットワークビジネス(MLM)集客方法に興味があれば、

無料メルマガ講座でお教えしていますので、読んでみてください。

 
【PR】口コミ不要!完全在宅のネット集客法を伝授します
 

読んでみて「不要」と思えば、1クリックで停止できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ