ネットワークビジネスが宗教的だと言われる理由とは!

えー!寝ている間にダウン獲得!いったいどうやって?

1251-pano-fujiネットワークビジネスリクルートをする際、宗教の勧誘ではないかと警戒心を持たれてしまったという経験はないでしょうか。

テレビのニュースなどで信者をマインドコントロールする新興宗教についての情報がたびたび報じられることもあり、宗教勧誘に対する近寄り難いという感は強くなっているように感じられます。

 

もちろん、全ての宗教が悪質なものではありませんが、セミナーなどが宗教的だと思われることが原因でネットワークビジネスのリクルートがうまく行かないのは問題です。

では、どうすればネットワークビジネスが宗教とは異なるということを相手に伝えられるのでしょうか。

 

まず、勧誘をする際にネットワークビジネスに関する話であることをきちんと伝える必要があるのも当然ですが、マインドコントロールするような感じで煽り立てたりすると、宗教的なイメージを持たれてしまうでしょう。

また、断られないかどうか相手の反応を見ながら話を広げていくという人も多いでしょうが、その過程で他には絶対にありえないビジネスなど妄信的な発言を繰り返すと、宗教的な勧誘なので怖いと警戒されてしまう可能性があります。

 

後から宗教は全く関係なく、純粋にネットワークビジネスのリクルートであることが分かっても、一度抱いてしまった警戒心を元に戻すのは大変なことです。

また、勧誘を行なう際に実際の数字を挙げてメリットを説明するというのも良い方法です。

 

宗教がご利益がある、幸せになれるといった抽象的な表現しかできないのに対して、ネットワークビジネスはどれだけの商品を紹介すればどれだけの報酬を得られるかを数字で示すことができます。

1ヶ月に得られる具体的な報酬の額を告げ、それによってどのように生活が変化するかを説明すれば、相手も納得しやすいでしょう。宗教まがいだと呼ばれないように、ビジネスの話であることを伝え、合理的な説明を心がけるようにしましょう。

 

またシステムや製品の説明をする時にも、これ以外あり得ない、これが最高で他は全くダメ、騙されるなと言わんばかりに、自分のビジネスのメリットしか言わず、他社批判を繰り返すような行為も宗教的と捉えられる原因の一つのようです。

どんなに良い製品、どんなに良いシステムでも、人には好みや個人差があります、またどんなに良いビジネスで有ろうと、メリットがある反面デメリットも存在します。

 

そうしたことをきちんと話すことにより、信頼も生まれますし、ネットワークビジネスは宗教的だというイメージもなくすことが出来るでしょう。

自分のビジネスを信じるというのは良い事ですが、妄信的になると周りに迷惑をかけることもありますし、何より人として周りから異様な目で見られてしまいますよね。

 

本当に自分のビジネスや製品に自信を持っているなら、堂々とメリットもデメリットも話したうえで相手の判断を尊重すべきでしょう。

本業を犠牲にせずに空いた時間にネットで金持ち父さんになる成功法!

netbiz-a

口コミが苦手だった私が、口コミせずにダウンを600人以上作った方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ