ネットワークビジネスの危険とは、危険ドラッグやエボラほど危険なものだろうか

lgf01a201405241000

最近、話題になっている危険なものと云ったら、危険ドラッグ、エボラ出血熱、結婚詐欺でしょうか?

命に係わりますよね。まさに危険です。

それらに匹敵するほど、ネットワークビジネスに関わるのは、危険なのでしょうか。

 

「お友達に勧められて化粧品を買ったら、ネットワークビジネスでした。大丈夫でしょうか!?」

この人は、何を恐れているのでしょうか。

MLM企業から正規で製品を購入するだけで、何か危険があるということはありません。

 

しかし、悪質なネットワークビジネスに関わった場合、危険はあるかもしれません。

言葉巧みに儲け話があると持ちかけられて、6000万円もだまし取られた人を知っています。配当を約束されて、ポンとお金を貸したらしいのです。

配当?何もありません。

投資詐欺は、本当に恐ろしいです。

これは、詐欺師が、ネットワークビジネスの可能性を利用して、詐欺を働いたケースです。

会社には、全く責任はありませんが、その会社に苦情を言えば、その人は除名になるでしょう。でも、お金を取り戻すことはできないでしょう。

こういう詐欺師のような人たちが、業界にディストリビューターの一人として紛れ込んでいたり、そういう詐欺師がネットワークビジネスを経営している場合は、大いに危険といえるでしょうね。

 

悪質なネットワークビジネス企業は、どう見分けたらいいのでしょうか。

 

製品に魅力がなく、その割にはやたら値段が高い

成分の表示がない、あるいは書いてあっても、成分名が羅列されているだけで量が表示されていない。

私の場合、そういう怪しげな製品は、口に入れても、どうしても飲み込むことができません。

製品はなんでもいいから、お金を集めればいいというネットワークビジネスは、ネットワークビジネスというよりもねずみ講に近いものです。

 

報酬プランが、現実離れしてうますぎる。

冷静になって、聞けば、あり得ない報酬プランかどうか、初心者でもわかります。

例えば、過去に誘われたネットワークビジネスで、参加すれば10万円のボーナスをくれるというビジネスがありました。

現実離れしていますよね。こういうのは、マネ―ゲームです。

こういう荒稼ぎして、とっととなくなるタイプのネットワークビジネスに、振り回されてはいけません。

 

その他、気を付けた方がいいケース

考える時間を与えず、すぐに登録させようとする

名義をかしてほしい、迷惑をかけないから!と頼んでくる

絶対儲かるということはないので、言い切る人は怪しい

勧誘している本人が、ころころネットワークビジネスを変えている

明らかに、法律違反(特商法、薬事法)をして勧誘してくる

 

悪質なネットワークビジネスに関係してしまったら

勧誘してきたDSにではなく、本社に電話をして、クーリングオフをするのがいいでしょう。

もし、それだけで不安だったら、念のため消費者センターに報告して指導を仰ぐのがいいでしょう。

 

ネットワークビジネスで稼ごうと思う人へ

ネットワークビジネスというのは、一生懸命に取り組むべき仕事であって、ぼろい儲け話などではないことを肝に銘じてください。

そういう認識を持っていれば、口先だけの勧誘トークに違和感を感じるので、いい加減な儲け話についつい乗ってしまう危険性はなくなります。

 

私の、インターネットのネットワークビジネスも、楽に稼げると思って参加すると、がっかりすると思います。

ネットワークビジネスに取り組もうというときには、きっちりお仕事をする覚悟をもって、始めることが大切です。

 

一人も誘えない私が641人のダウンを無料で獲得した方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ