ネットワークビジネスの問題点と解決法について考える。

pho01002ネットワークビジネスは自分の実力を100%発揮することができ、また努力すれば努力した分だけ収入となって自分に返ってきます。

しかし、そのような良いことばかりではなく、やはり問題点も抱えています。今回はネットワークビジネスにおける問題点を紹介していきたいと思います。

まず、ネットワークビジネスについて批判的な方や否定的な方が多い点です。

ネットワークビジネスは連鎖販売取引という法律上認められた取引形態なのですが、これと似て非なるものにねずみ講というものがあります。

そして、多くの方はこれらの違いが分からず、両方ともねずみ講として捉えられてしまっています。

またネットワークビジネス(マルチ商法)のビジネススタイルを真似た詐欺商法で被害を出すような悪徳マルチビジネスが出てくくると世間を賑わす大きな被害を出したりするので、そういった悪徳マルチとネットワークビジネス(マルチ商法)が同じものだと思ってしまう人も少なく無いのでしょうね。

 

次にネットワークビジネスの問題点としてよく言われるのが、勧誘行為がしつこいという点です。

こういった問題はネットワークビジネス業界全体が、法律の教育に力を入れ、無理な勧誘をしてはいけないという教育に力を入れている効果が少しずつ浸透し、無理な勧誘をするという事例は激減しています。

しかし会員は売れば売るほど自分の収入が増えることから、必死になって勧誘行為をした結果、相手が友人だからと言う甘い考えで、結果的にしつこい勧誘をしてしまう人もまだいるようですね。

 

法律も整備されていますし、業界全体で教育体制を強化していますので、これから無理な勧誘をする方はほとんどいなくなると思います、なぜなら無理な勧誘をすれば、最悪の場合、組織を作っていても会社からは会員資格はく奪と言う事になるでしょうし、法的にも罰せられることになります。

無理な勧誘をすることにより、メリットは何も無くなるのです。

また一時期は会員が大量に製品を買い込み過ぎて、結局収入がマイナスになってしまうと言うような問題もネットワークビジネスにおいて良く発生をしました。

この点も最近では必要のない在庫を強制的に買わせても、買戻しをしなくてはいけないという事になったので、そういった被害は激減したはずです。

もちろん参加する側の意識改革そして勧誘する側の説明も徹底すべきでしょうね、ボーナス等の臨時収入が欲しいがために大量に購入しても自ら販売できる能力が無ければ儲けを出す事は出来ないのです。

 

こうしてネットワークビジネスは健全なビジネスで有るにも関わらず、誤解や一部の勝手な会員の行動で悪徳ビジネス、問題の多いビジネスと言う烙印を押されてきました。

しかし業過全体の動きとして、教育体制を強化し、法律的にも他の業種より厳しい規制を引かれていますので、むしろ個人が参加するビジネスとしてのリスクはかなり低くなっていると言えるでしょう。

 

かといって、いつの時代も悪い事を考える人間はいつかは現れますので、ネットワークビジネスに参加を検討する場合は、自分で良く調べ、製品代金意外に大金の先払いを求められたり、製品の購入だけしていれば収入が発生するという、夢のような話には、十分な注意をしましょう。

口コミビジネス失敗者必見!ネットで稼ぐ、口コミ不要の成功法!

netmlm-a

口コミビジネス失敗者必見!ネットで稼ぐ、口コミ不要の成功法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ