ネットワークビジネスをやる人はお金の亡者ですか?

lgf01a201406140600

ネットワークビジネスをやっている人は、お金の亡者でしょうか?

お金のために友情を捨てるとか、友情をお金で売る、という非難の言葉を、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。

そのような見方をする人にとっては、ネットワークビジネスに熱心な人は、お金の亡者に見えるのかもしれません。

 

お金について考えることははしたないことですか?

ネットワークビジネスに勧誘された時に、よくこうやって断る人います。

「私は、そんなにたくさんのお金を欲しいと思わないから・・・」

 

たくさんのお金は要らない

こういえる人は、幸せな人ですよね。(正直言って、なんて甘いんだろうと思います。)

過去にお金がなくて困ったことなどは一度もなく、また自分がいつか、お金が無くなって困るなんてことは、ないと思っている人だからです。

「武士は食わねど高楊枝」などといいますが、どんなにプライドを守って生きていても、本当に食べられなくなったら、人は死ぬのです。

お金について考えたり、話したりするのははしたないと考えている人を、生活面で一生懸命支えている人が必ずおり、その人は、必死でお金と格闘しているはずなんです。

あなたが、おじょうさまか奥様であれば、あなたの生活を守るために、ご両親やご主人は、命を削って働いているということです。

私もかつて専業主婦だったときは、恥ずかしながらそれに気づきませんでしたが・・・

 

お金に対して現実的な見方をする

幸せな人には理解できないかもしれませんが、ネットワークビジネスをやる人は、少なくとも、お金に対して現実的な見方ができる人だと思います。

現実的に考えてみれば、現在は、一生懸命働きさえすれば一生食べていけるような時代ではありません。

パワーがある若いうちは、ちやほやされて働かされ、(散々搾取され)、そのうち用がなくなれば首を切られる時代です。

何か副業をしなければ、子供が大学受験をするお金が一番要るころに、失業しているかもしれない。そこへ親の介護が追い打ちをかける。

ドラマより厳しい、現実があなたを待っているかもしれないのです。

女性だってそう、旦那様が病気で働けなくなったらどうします?

あるいは旦那様に女ができて、無一文で追い出されたらどうします?世間はあなたに同情するでしょうが、裁判所は、経済力がないあなたより、夫のほうに親権を渡すかもしれない。

よしんば、なんとか裁判に勝って子供を引き取ったとしても、あとの保証は何もありません。

養育費?もらえなかったら?

もちろん、そんな最悪のことが、誰にでもある訳ではないですよ。

ただ考えてほしいのです、何もしないことがリスクになる場合のこと。

 

誰かに依存して生きることのリスク

会社に入れば困ることはない、裏を返せば、会社を辞めたら生きていけない

この人についていけば困ることはない、これも、裏を返せば、離婚したら生きていけない

やはり、信用できるのは、自分自身ではないでしょうか。

お金に困っていないうちから、用意をしておくことは賢明なことです。

 

リスク回避のための副業として人気なのはインターネット型MLM

数ある副業の中で、ネットワークビジネスに人気があるのは、印税的収入にできるからです。

ネットワークビジネスは、製品を購入する条件があるものの、人を紹介するだけで月に何十万という収入が得られる見込みがあります。

さらにインターネット型MLMを選べば、インターネット環境があれば活動費はちょっぴりしかかかりません。

 

お金の亡者だなんて非難されるのは辛い

とはいえ、口コミをして、友達にお金の亡者のように言われたら悲しいですよね。

でも、安心してください。

ネットワークビジネス関心があり、お金について現実的な考え方をしている人は、世の中にはたくさんいるのです。

そういう方を探してMLMをおすすめするのなら、ストレスはありません。

 

え?

その方法ですか?

 

一人も誘えない私が641人のダウンを無料で獲得した方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ