ネットワークビジネス勧誘の上手な断り方を教えてください

インターネットでならあなたもダウンがザクザク、大成功できるわけとは?

 

ネットワークビジネスの上手な断り方

ネットワークビジネスに夢を感じて、この世界に足を踏み入れる人がたくさんいる一方・・・

そういったお友達にネットワークビジネスに誘われて、断り方で悩んでいる方が少なくないようですね。

また、家族が誘われていて何とかやめさせる為に、上手な断り方を知りたいという方も。

ネットワークビジネス勧誘してくる方は、もともと何かの繋がりがあった知り合いですものね。

ビジネスはやりたくない、製品にも惹かれないとなると、何とか角を立てず、今後の人間関係にもヒビが入らないように断りたいですね。

断るときはこの一言

上手な断り方としては、あなたと勧誘してきた方がどんな間柄なのかに関係なく、伝えるべきことは、意外にも「ただひとつ」です。

「興味がないからやらない。もう誘わないで欲しい。」

あれ?二つでしょうか(笑)

基本的には、大事なのは「興味が無いからやらない」です。

この一点を、毅然とした態度で伝えましょう。

「お金が無いからできない」

「時間が無いからできない」

これは、断り文句になりません。

「今、君がお金も時間も無いのは、ネットワークビジネスをやっていないからだ。」

と、たたみかけて勧誘されます。

そのテーマ自体はとても興味深いですが、その議論をしたいのでなければ、こういった断り方はやめた方が無難です。

「絶対もうかるよ!」⇒「興味が無い」

「高級外車に乗れるよ!」⇒「興味が無い」

「一生ラットレースに乗ってるつもり?」⇒「興味が無い」

「ネットワークビジネスに興味がないし、これからも興味を持つことはない。あなたのことは人として好きだし、これからも純粋に仲良くしたいと思っている。だから、これ以上の勧誘はやめて欲しい。」

こう言いましょう。

それ以上はいりません。

人格を否定する必要も無いですし、他の仲間に要注意だと言ってまわることも不要です。

ただ、本当に大切な仲間なら「法律は守って、経済的に無理のない範囲でやってね。私のような興味の無い人にしつこい勧誘はしないほうがいいよ。」と、アドバイスしてあげてくださいね。

 

・特商法や薬事法違反の勧誘

・買い込み、押売り、ノルマによる経済的負担

・ブラインド勧誘や、強引にセミナーに連れて行く

これは、消費者生活センターに報告されるネットワークビジネスに関するトラブルのほとんどをしめていますからね。
 

友達を断り方で悩ませない方法

ところで、こういったトラブルの為か、ネットワークビジネスそのものに抵抗があったり、「口コミはやりたくないな」と思っていた人でも、インターネットでダウンさんを獲得して組織を構築できると聞くと、興味をもつ人は多いですね。

せっかくの素晴らしいビジネスモデル、興味が無い人を誘うよりは、興味があってぜひ成功したいという人同士でやるのがスムーズです。

インターネットならちょっとしたノウハウを学ぶことで、ネットワークビジネスの最大の利点、権利収入の実現が可能です。

逆に言えば、「インターネットのネットワークビジネスなら成功できるらしい!」とノウハウもなしにインターネットの世界で羽ばたこうとしても、それは片方の翼がない状態かもしれません。

インターネットでの組織の作り方、ダウンをザクザク稼ぐ秘密の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ