出会いは最悪だったネットワークビジネスを私が始めた理由

lgf01a201306091800

記憶をひも解けば、私のネットワークビジネスとの出会い
小学生の頃だったでしょうか?

 

最初はそんなつもりもない些細な出会いだったんだと思います。
母が友人の紹介でネットワークビジネスを始めたのです。

 

いつの間にやら家の中に磁器マット、掃除機、健康食品など
見知らぬものが増えていき、それでなくとも忙しそうな母が
今日はセミナーが、明日はミーティングがと
あちこち飛び回るようになりました。

もっと早く知っていれば!との声が続出!驚きの集客法!

 

聞けばその、磁器マットや掃除機、ちょっと普通の主婦には
手の届かないようなお値段!(@_@;)

 

子供ながらに
「掃除機ってそんなに高いの?」なんて
思った記憶もあります。^^;

 

当時のネットワークビジネスは今に比べると耐久商材と呼ばれる
高額な物もずいぶん多かったように思います。

 

でも今になってよく考えてみれば、1度購入すれば製品が壊れたりでも
しない限り、継続購入は難しいのが耐久商材で、
ネットワークビジネスの商材としては向かないことが想像できます。

 

もともと素直でのめり込みやすい母はネットワークビジネスの
権利収入と製品に魅了され、活動もヒートアップしていきました。

 

最初は勢いもあり、社交的な母の活動も、リストの限界に来ると
急に行き詰っていきます。

 

最初のうちは話を聞いてくれていた友人も次第にケゲンな顔に…。

 

母は結局、ネットワークビジネスを何社も経験し、最後は
話を聞いてくれる人さえいなくなったのでした。

 

母の活動中は留守番を余儀なくされる私と弟…。(-_-;
会ったこともないアップの方のお宅に、半日以上放置された事もありで

 

その頃の私のネットワークビジネスの印象は最悪でした。

 

友達も無くして…。

 

時間とお金を浪費して…。

 

子供にも寂しい思いをさせて…。

 

おまけに何の興味もない人に、高額な物を売るなんて

私には無理ーーーーーーーー!って思っていました。

 

 

でも…今はとても楽しくネットワークビジネスに参加しています。

 

 

今のビジネスに出会ったきっかけについてはまた、
少しづつお話ししていきますね。

 

若かったころの母に、もし今、逢えるとしたら、
こんな方法もあるんだっていう事を教えてあげたいと思っています。^^

↓ ↓ ↓


口コミは無理と思っていた私の常識を覆す、驚きの手法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ