ネットワークビジネスと悪徳マルチ商法の違いに注意!

ネットワークビジネスマルチ商法と言われたり
ネズミ講と言われたりしていますね。
kawaguchi
私のプロフィール

実際ネットワークビジネスの評判は悪く、
被害や苦情、特商法違反、詐欺行為、しつこい勧誘など
嫌なイメージがつきものですねが
ネットワークビジネスマルチ商法の違いはあるのでしょうか。

ネットワークビジネスで成果が出ない人の共通する典型パターン

ネットワークビジネスとマルチ商法の違い

一般的にネットワークビジネスとは、wikiで検索すると
連鎖販売取引(連鎖販売取引・マルチ商法・MLM)などの総称と
言われています。

ネットワークビジネスをしていると
「それってねずみ講でしょ?マルチでしょ?」なんて
言われることも多いのではないでしょうか?

ネットワークビジネスを悪徳マルチ商法(マルチまがい商法)や
ネズミ講と誤解している人もたくさんいます。

私自身もはじめはそう思っていましたからね^^

なのでネットワークビジネスと悪徳マルチ商法との違いを
しっかりと認識してほしいと思っています!

悪徳マルチ商法(マルチまがい商法)とはいったどのような商法なのでしょうか?

マルチ商法というと、マルチレベルマーケティング(MLM)を
略した造語になります。

本来は合法のMLMの略語ですから、マルチ商法自体が
悪いわけではありません。

しかし問題なのは「悪徳マルチ商法」です。

悪徳マルチ商法とは、特定商取引法(特商法)違反をしていたり、製品が高額、粗悪品であったり、

先にはじめた人だけが収入を得られるような有利な仕組みになっていて、

数か月でつぶれる会社が多かったりします。

またクーリングオフも受け付けないなんていったらかなりの悪徳マルチですね。

悪徳マルチ、特商法違反、薬事法違反と一緒じゃたまらない

また薬事法違反、在庫やノルマ、高額ローンを
組ませる、強引な勧誘があるなどは、かなり怪しいですね。

ネットワークビジネスの会社の中でも残念ながら
そのような会社があることも事実のようですが

そのようなネットワークビジネスの会社はたいてい歴史もなく、数年で
立ち消えてしまう事が多いようです。

本来ネットワークビジネスの会社は適正価格で
高品質の製品を愛用してくれるメンバーを集め、

頑張った人が収入を得られる仕組みや報酬プランに
なっています。

(収入の逆転があることも公平の一つ)

また、特商法や連鎖販売取引法の法律にも
尊守しており、ビジネスをするしないも自由であり、

製品を愛用することで、収入が安定し権利収入を
得られるというものです。

悪徳マルチと一緒くたにされてしまうところに
まだまだネットワークビジネスの問題点があるようです。

あなたも
健全で良質なネットワークビジネスに出会う事ができれば

価値あるビジネスモデルとして、これからの時代副業としても
最適なビジネスになるでしょう。

またあなたが今までネットワークビジネスに取り組んでいるけれど
口コミ勧誘が苦手、友人知人を勧誘したくない
もう人間関係で悩みたくないというのであれば

勧誘方法を選んでみるのも一つの手です!

ネットワークビジネスでこれだけはやってはいけない自滅行為とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ