ネットワークビジネス断り方!友人関係にヒビを入れない方法

1392864970617-1ネットワークビジネス断り方を知らない人って結構いますよね。

ネットワークビジネスの上手な断り方を知らないばかりに被害に合う可能性が無きにしも非ずなんですよね。。

 

☆必要のない製品を買うことになっちゃうかも?!
☆在庫を抱えることになったらどうする?
☆興味のないセミナーのお誘いを断れない?!
☆押しに弱いばかりにズルズルと購入、解約、険悪?

 

ネットワークビジネスの被害や苦情は、このきちんとした断り方を知らないことが原因で起こることが多いですよね。

みんな、優しすぎるんですよ~~~~~ッヽ(;▽;)ノ

 

ネットワークビジネスに興味がないならぜひ知っておいて欲しいのが誠実でしつこくされない!

 

ネットワークビジネスの断り方!!

 

ネットワークビジネスは基本的には「口コミ勧誘」で始まります。

口コミ勧誘をすることで、製品を買ってもらう、ビジネスパートナーになってもらうことで自分に報酬が入ってくる仕組みなんですよね。

 

では、何故「ネットワークビジネスをやろうと思ったのか」という点を考えてみてください。

これは相手の感情なのでわかりませんが・・・・

 

「億万長者になりたい」か「お小遣いが欲しい」かのどちらかかと思います。

まずは相手の感情を読み取りながら断り方を考える!・・・♪

 

億万長者になりたいような人なら、「億万長者には興味がない!」ときっぱりと断りましょう!

 

「月収100万円あっても使い道がないわ~!」

「年収1000万円あっても、人生で使い切れないね!」

「夢は素敵だけど、私には必要ないわ♪成功したら教えてね!ご馳走してもらっちゃお♪」くらいの感じで、全然興味がないということを伝えましょう。

 

そして、主婦やママ友達からの勧誘に多いそうなのですが「お小遣いが欲しくない?」と持ちかけられるようです。

実は私もそこからでした。。

 

エステや美容院、好きな服が買えるようになるのよ!と言われ、逃げ腰で「主人に聞いてみるわね!」

実はこれ、禁句なのだそうです^^;;

 

「ねぇ、聞いてみた?良いっていった?どうだった?」と勧誘が始まりました。

しょうがなく、聞いてもいないのに「ダメっていった」といっても、「あなたはやりたいでしょ?説得してあげる!」となり、閉口したのを思い出します。

 

もちろん、そんなにしつこい人は珍しく、ほとんどいないですね。

その場合の上手な断り方は「製品に興味がない」ことを伝えると良いですよね。

必要のない製品を買わないのは同じ主婦としてよく分かることです!^^

 

ビジネスにも製品にも興味がないときっぱりというのが一番ですが、できない場合製品に興味がないとと伝えるのが一番ですね。

ネットワークビジネスは製品ありきのビジネスです!

リピーターがいるからこその権利収入ですし、不労所得ですもの。

 

製品なんて二の次よ~!なんて言ってこられたら・・・

そのグループに未来はないかもしれません。。。

 

ネットワークビジネスはしつこい勧誘をしないことが前提ですが、どうしても必死になると周りが見えなくなるもの!正しい断り方を知っておくと便利ですね。

 

私はインターネットで活動しているからか・・・

「断られる」ことが珍しいですよ。いろんな意味で?!笑

 

主婦の在宅ワークで家族の笑顔と権利収入を手に入れる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ