ネットワークビジネスとドロップシッピングの違いとは!

えー!寝ている間にダウン獲得!いったいどうやって?

9835920_b29ba5fdbe副業としてネットワークビジネスを行っている人は多く存在しているかと思われますが、それと同様にドロップシッピングも副業として行っている人が最近多くなってきました。

そこで、今回は、ドロップシッピングとネットワークビジネスの違いについて紹介していきたいと思います。

 

まず、ドロップシッピングとは、インターネットによる通信販売の形態の一つです。

ドロップシッピングのシステム提供者が、商品の仕入れや発送、代金の回収や決済システムの導入などの機能を提供し、オンラインショップ運営者はネット上で集客し、販売することとなっています。

 

要するに、ドロップシッピングとは、ネット上に自分のオンラインショップをつくり、そこで販売するだけです。

集客をして注文をしてもらうまでが仕事と言えばわかりやすいかも知れませんね。

 

商品の仕入れや在庫の管理等はドロップシッピングシステム提供者が全て行ってくれるので自身では一切不要となっています。

他方、ネットワークビジネスは、口コミによってその販売域を拡大させ販売した数だけ報酬を得たり、ダウンを作ってダウンの販売数も自身の報酬となる仕組みとなっています。

 

ドロップシッピングとネットワークビジネスの違いというと、通信販売か直接販売かという違いがあります。

もっとも、ネットワークビジネスにおいても、商品の仕入れや在庫管理等が不要となっており、直接販売の無い企業も多数存在しています。

 

そうすると、ドロップシッピングとネットワークビジネスはビジネスとして販売をする窓口が自分になるだけで報酬がもらえるという点に関しては似ていると言えますよね。

では大きな違いは?と言えば、毎月のリピートが高確率で期待できるかどうかという点かも知れません。

 

ネットワークビジネスは購買層のターゲットを絞り、気に入った製品の体感などを伝えることにより愛用者を獲得していくビジネスですから、製品を気に入ってもらえると、かなりの高確率で毎月のリピート(毎月定期的に購入してくれる)が発生します。

ですから、流通組織をを大きく育てることにより、月給のように定期的に入ってくる報酬を確率くすることも可能になってきます。

 

それに対してドロップシッピングは毎回新たな顧客を呼び込まなくてはいけない場合が多いので、安定した収益を上げるためには、かなり大きな努力が必要になることが予想されます。

また、ドロップシッピングをする場合、初期投資としてドロップシッピングシステム提供者に一定の料金を支払わなければならないのですが、ネットワークビジネスでは商品購入はありますが、初期投資として企業に支払わなければならないものは、あまりありません。

ネットワークビジネス、ドロップシッピングそれぞれメリットもデメリットもあると思いますので、それぞれの特徴をよく知ったうえで、自分に合ったスタイルのビジネスを選択していくと成功しやすいでしょう。

口コミビジネス失敗者必見!ネットで稼ぐ、口コミ不要の成功法!

netbiz-ml

友人を一人も勧誘せずに、ダウンを1000人以上増やした方法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ