ネットワークビジネスの会員(ディストリビューター)の種類。

えー!寝ている間にダウン獲得!いったいどうやって?

90569de0d3fa1b5bee16edddef304ce4_sネットワークビジネス会員とかディストリビューターなんていう言葉をよく聞きます。

一口に会員と言っても、ネットワークビジネスとの関わり方によっていくつかの段階があり、それぞれの段階によって意味合いが違ってきます。

 

またネットワークビジネスの場合会社によっても会員の種類や呼び方なども違うようです。

多くの場合まず、最初の段階として、ネットワークビジネスの商品を購入するために会員になる事がほとんどでしょう。

 

会員になることで会員限定の商品が購入できたり、通常よりも安い価格で商品を購入できたりと特典はさまざまですが、ネットワークビジネス以外の小売店や通販サイトの会員になることとほとんど変わりはないように感じられます。

この段階では、あくまでも購入者としての立場だけであり、会員になったとしてもネットワークビジネスに深く関わっているとは言えないでしょう。

 

次の段階は、ネットワークビジネスの商品を他の人に紹介するようになった場合です。このときの会員の意味は、販売者としての立場です。

こうした口コミ販売する会員と購入するだけの会員を厳密には分けない会社と、販売できる立場のビジネス会員とを区別してる会社に分かれているようですね。

 

さて口コミ紹介をする立場の会員になると、知り合いなどに商品の紹介をし、製品を購入してももらう事で、ネットワークビジネスを運営する会社から報酬をもらうことになります。

 

この報酬の支払い率は多くの企業で、会員のランクにより決められています。

会員のランクは一般的に、その会員から始まった組織の大きさによって上がって行きます。

 

このようにネットワークビジネスの会員には、会社にもよりますがいくつかのステージがあり、そのステージに応じて異なった立場が存在しています。

それをわかりやすくするために、各社スーパーバイザーとか特別代理店、販社、総代理店などと色々な名前を付けて会員のレベル分けをしている訳です。

 

ネットワークビジネスの会員になるときには、会員のレベルによってどんな権利を有するのかも聞いてみると各社の特徴もわかり、自分に合ったシステムを見つけやすいかも知れませんね。

口コミビジネス失敗者必見!ネットで稼ぐ、口コミ不要の成功法!

netseiko-a

口コミが苦手だった私が、口コミせずにダウンを500人以上作った方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ