薬事法とはネットワークビジネスを行う上で特商法と同じように大切な法律です!

口コミが苦手だった私が、口コミせずにダウンを1000人以上作った方法!

784-shimosuwaネットワークビジネス企業がよく取り扱っている製品の中に健康補助食品栄養補助食品等のいわゆるサプリメントと呼ばれている製品があります。

そういった製品を取り扱う上で、避けて通れない法律の一つが「薬事法」です。

 

薬事法はネットワークビジネスで健康食品などを扱うビジネスを行う時、特商法と並んで知っておかなければいけない法律の一つです。

 

ネットワークビジネスランキングの上位に位置する企業の8割以上はこれらの製造及び販売業を営んでいます。

ここで、注意しなければならないことは、ネットワークビジネス企業が販売しているサプリメントなどの製品はあくまでも健康食品だということです。

 

この点、薬事法では医薬品のみ効果や効能を説明して良いというように規定されていますが、同じく薬事法により、健康食品等で効果や効能を説明することは禁じられています。

したがって、「〇〇に効く」や、「これを飲めば〇〇が治る」という説明を交えて販売することは許されません。

 

ですから、ネットワークビジネスをしていく上で連鎖販売取引を規定している特定商取引法だけでなく、薬事法についても勉強をする必要があります。

製品を販売したいがために、自分自身でもどこまでの説明が限界かという意識が無いままに、製品の事を誇張して説明することはあるかも知れませんが、薬事法という法律で定められたラインというものが明らかに存在します。

 

ですからサプリメントに代表されるような健康補助食品を販売する場合には、法律に触れない程度に商品の特徴やメリット等を説明しなければなりません。

また、薬事法は罰則が厳しいため、罰則を受けた当事者にとっては非常に不利益なものであるだけでなく、薬事法違反で会員が逮捕されてしまったりすると企業のイメージも損ないかねません。

 

自身のダウンが薬事法違反等で逮捕されてしまうと、あなた自身の収入に影響を及ぼすばかりか、ごく少数の違反者のために、グループ全体のイメージや信頼感を損なう場合もあります。

したがって、ネットワークビジネスをするためには薬事法に関する知識もある程度セミナー等で講習を受けたり自分自身で勉強する必要が有ります。

 

特にビジネスに参加したばかりの人は、活動するうえでの注意点は紹介者にしっかりと確認をしてからリクルートや口コミをしていったほうが、間違えは起きないでしょう。

口コミビジネス失敗者必見!ネットで稼ぐ、口コミ不要の成功法!

netseiko

友人を一人も勧誘せずに、ダウンを1000人以上増やした方法とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ