ジェネリック医薬品が医療費抑制の救世主?

ジェネリック医薬品とは?
「後発医薬品」のことで、新しく作られた「先発医薬品」と呼ぶのに
対して、同じ有効成分、同じ量で作られた薬です。

003

 

新薬の開発には10年以上の時間と数百億円規模の研究開発費がかかります。
特許期間が設けられて開発した会社が特許を出願して最長は25年間、
独占的に販売できるようになっています。

その特許期間が切れてから作ることができるのが後発医薬品「ジェネリック医薬品」です。

後発薬メーカーは数千万~1億円ほどで製品化ができるため販売価格も先発薬の
5~6割と安く設定をされています。

厚生労働省は膨れ上がる医療費を抑えるため普及を促しています。
安さから、安全性への心配も囁かれますが、厚労省は効能や効果を担保するため
主成分の血液中の濃度変化が先発薬と同じことを確認した上で販売を承認しています。

普及率をより上げていくことで、70歳未満の原則3割と言われる窓口負担も軽くなり
医療費の年間額の抑制を狙っています。

負担が軽くなるのはありがたいことですね。

長い人生を考えた時、健康な体は大切な大切な資本です。

働き続けて稼いだ収入が、ストレスに蝕まれた病気や疲労困憊の身体のメンテナンス
ばかりに費やすのでは悲しいことです。

若い頃の労働が長年続けられるものでもありません。
働き方・稼ぎ方を考え、心身ともに、そして時間・経済にゆとりを持てる人生を
模索している人たちが増えています。

インターネットが普及している現代、働く場所も、時間も選べる時代です。
選択肢が増えることは女性をはじめ高齢者や家族に要介護者を持つ人も
ワーク・ライフ・マネジメントが可能になっています。

誰もが稼ぐチャンスを得られるインターネットでの在宅ビジネス。

 

興味を持ち、自ら一歩を踏み出して行動に移すかどうか。

 
同じ情報を得る人 100人

始める人 10人

継続する人 1人

 
この数値は、この在宅ビジネスに限った事ではありません。

情報が氾濫している私たちの生きる社会において、行動に移し
継続している人がそれだけ少ないということです。
インターネットで収入が得られる手段

特別な資格も技術もスキルも必要ありません。

騙してる??と思ったら「要確認」です!!
主婦が自宅で稼ぎ続けるビジネスとは??

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ