選挙権年齢が18歳から!?ネットビジネスにも影響及ぶ?

18歳選挙権が成立。
来夏の参院選から適用される、選挙権年齢の20歳以上から18歳以上へと
引き下げる改正公職選挙法が17日、参院本会議で全会一致で可決成立しました。

046

 

18、19歳のおよそ240万人が新たに有権者になるそうです。
70年ぶりの選挙権年齢引き下げだそうですね。
住民投票の投票資格も18歳以上となり、選挙活動も認められます。
選挙違反をした場合には、原則として成人と同様の刑事裁判の対象となるそうです。
民主主義をさらに深めるため、投票できる人を増やす
若者の声を政治に反映できる仕組みをつくる
という意義が考えられているのだそうです。

選挙年齢引き下げを踏まえて、民法の成人年齢や少年法の適用年齢などにといても
検討を加えて、必要な縫製上の措置を講ずるとされています。
選挙権年齢だけではなく様々な影響を及ぼしそうですね。
私たち権利収入・不労所得を構築するネットビジネス、在宅ビジネスでも
現在は20歳からが参加資格となっており、他でのビジネスもほとんどが
同じであろうと思います。

在宅ビジネスは、個人事業主として独立した確立されたビジネスです。

稼ぐということは、だれかの役にたち、報酬が得られるということ。

またインターネットを活用する私たちの在宅ビジネスは、一人ではなし得ません。

組織を構築し、関わる全ての人々の努力と工夫が報われて権利収入・不労所得を
得続けられる仕組みと稼げる喜びを共有しあうビジネスです。

個人事業主として自身を管理することが大事です。

ビジネス界でも20歳以上からの引き下げが、実現するか、興味深いところですね。

20代でネットビジネスに出会えることは、40代の今の私にはとても羨ましい話です。

もっと早くに出会っていたかった(笑)と思いますもの。

でも20年を経ての様々な経験が活かせるのもこのビジネスの面白いところ。

18歳19歳のうちはきっと稼ぐことよりも、優先して経験してほしいことも
あるのも、事実かもしれません^^
人生は一度きり。
それでも実現したい夢があるのなら、それに邁進できる、自由な時間と経済が
欲しいものです。

これは本当に重要なこと。
やりたいことはやるべし!
それを支えてくれる経済力は、普通の労働だけではおそらく足りません。
今は、インターネットで稼ぐ!を選べる時代です。
自力で稼ぎ力を身につけて、やりたいことをやり尽くす、物心両面で豊かな

人となりましょう。
在宅ビジネスで稼ぐ!20歳で出会いたかった不労所得への道!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ