非正規社員の正社員化。好きな本業を好きで続ける秘訣とは?

非正規社員の正社員化の動きとは?

008

 

某大手テーマパークを運営する企業では2月に正規雇用を希望する
「契約社員」を正社員にするとの発表がありました。
対象となる契約社員は800余名

1年ごとの契約を更新しながらの契約社員の正社員への登用で人件費は
十数億円増加の見込みだとか。

人件費上昇のデメリットを上回るメリットには、安定した企業や従業員に
優しい会社というイメージアップ。

イメージアップにより人材が確保しやすく、離職率の低下を導き出し、よって
採用コストや研修コストが減少削減できます。
深刻な人手不足からの「人材の囲い込み」も強い理由として挙げられています。

非正規社員の正社員化の場合、「勤務地限定正社員」というのがポイントとして挙げられます。
勤務地限定や職務限定という正社員制度導入の理由には

・優秀な人材の確保とともに従業員の定着を図る
・仕事と育児介護などとの、バランスを支援し女性社員が幅広い職務に従事できる環境整備
・安定した雇用のもとでのものづくり技能の安定的な継承
・地域のニーズに根ざした事業展開

などが挙げられ、企業のメリットは大きいです。

長期的展望でトータルでの人件費の低減に繋がる可能性が大きいのですね。
人材が定着すればサービスレベルの向上、売り上げ増加にもつながると
専門家は述べています。

憧れの会社での正社員雇用が叶うのは嬉しいことです。

好きな会社で仕事を続けられている人というのは、実際には少数派でしょうか。
生活のためのお勤めを続けている人が多いのが実情では?

毎日の暮らしのために稼ぐことは必要です。

ですがため息ばかりの日々が、心身ともに豊かに過ごせるかは難しいところですね。

私は、創作という本業があります。
材料費を考え、手間を考え、作ることが好きでありながら、「作る」を悩むことに
疲労困憊しました。

副業で稼ぐ選択

好きなことが嫌いになりそうな恐怖にひきこまれました。

好きな本業が嫌いにならないよう、資金のことであくせくしないよう

副業で副収入を得るという選択をしました。

副業で副収入を得ることを選択した人たちには、それぞれの背負っている軌跡と
理想のストーリーがあります。

雇われる身から脱出したい。
専業主婦でも自宅で稼ぎたい。
個人事業主として自立したい。
そして、好きな本業を好きで続けたい。

それぞれの理想を支えてくれる、在宅ビジネスです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ