ママに役立つマイナンバー情報!

ママに役立つマイナンバー情報です!

来年2016年からマイナンバー制度の運用が本格的に始まります。
とはいえ、そもそものマイナンバー制度に理解がたりてないのは
私自身もです。調べてみましたー。

今年2015年10月から国内に住民票を有する人が対象でマイナンバー
個人番号を通知する「通知カード」が全住民に配布されます。
2016年1月以降には、申請した人を対象に12桁の個人番号の
「個人番号カード」が発行されます。

カードにはICチップが内蔵されていて、表面には「顔写真」とともに
氏名・住所・生年月日・性別、裏面には個人番号が記載されます。

個人番号の本人確認はこれ一枚で済み、免許証やパスポートといった
身元確認書類は不要です。

紙ベースで突き合わせていた今まで、さいとうさんであれば、
「斎藤」だったり「斉藤」だったり「齋藤」だったり・・・

字体の違いで一致できない危険がありました。

でも、一人にひとつの個人番号が付与されれば、番号では名前の字体の
違いもなく、突合せの確実性も高まります。
ICチップについては、2017年1月ころをメドとし「マイナポータル」という
情報提供などの記録カイジシステムの利用が可能になるそうです。
システム利用には個人番号カードが必要になります。
NFCカードリーダがあれば自宅のパソコンで閲覧も可能になるようです。

マイナンバー制度は、法律に定められた目的以外の利用はできないとされて
います。
税務・社会保障・災害対策の3つのみです。
社会保障の利用でも年金・雇用保険・生活保護など、お金に関するものに
限定されています。

そして自分の知らないところで勝手に使われないことが定められています。

そのご家庭のお子さんの年齢に応じて、予防接種情報が通知されるなど
一人ひとりにあった行政情報をお知らせする「プッシュ型サービス」などの
可能性も考えられているそうです。

それぞれの捉え方もありますが、便利で明確化される可能性も高まる
「マイナンバー制度」ですが、その便利さに欠かせないのがインターネット
環境ですね。

閲覧に際しても自宅のパソコンから、となるとパソコンありきが前提となります。

この環境が当たり前のこれから、ますますパソコン、インターネットとの密な
生活となるのです。

このパソコン、インターネット環境を稼ぐ場として活用しない手はありません。

子育てや家事で過ごす自宅で、スキマ時間を稼ぐのに活用できる在宅ビジネス。

「当たり前」の反対語は「ありがたい」です。
こんなにありがたい環境はありません。

ママにとって子育てのその瞬間は、その時だけ。

労働収入で離れるよりも、「今」の子供に密着!で、そして自宅で稼ぎ続ける環境を
獲得します。

子供の成長とともに、自宅で収入も成長中!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

One Response to “ママに役立つマイナンバー情報!”

  1. つっちー より:

    こんばんは。

    Myナンバーが導入されると
    確かにPC普及率は高くなりますね。

    せっかくPCを持つのだったら
    家計の足しになるようなことを少しずつ
    学んでいくと将来に備える事ができますものね。

    ありがたい環境を活かさないテはありませんね。

    応援ぽちさせて頂きました。^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ