オウムの再来?テロが拍手喝采される時代が来たのか?

自宅でのんびり、旦那より稼いでいる秘密の方法

lgf01a201406271700

オウマーという名で呼ばれる、オウム真理教に関心を抱く人たちが増えているそうです。

テレビで観て、びっくりしました。

 

何故今、オウム?

 

オウム真理教は、危険な宗教団体で、世界的にはテロ集団と認知されていたことを、知識としてはわかっていながら、魅力を感じる人たちがいるようなのですが、どうしてなのでしょう。

 

オウムの怖さを知らないで育った世代が、増えてしまったのかな。

逆にテロリストがかっこいいという時代が始まったんだろうかと、心配になります。

 

かつて、(2000以上も前)
イエス・キリストという方が、罪人として処刑されたという事実があります。

でも、その後、キリスト教はローマの国教となり、今も大きな宗教組織になっていますね。

 

オウム真理教が、再来しても不思議ではありません。

 

でも、オウム真理教にその価値はないと思います。

 

なぜなら、キリストは、オウム真理教の教祖と違い、生前、人の財産を奪ったり人を殺したりしていません。

弟子たちにも、人を傷つけることを強く禁じました。

 

キリストの死後、キリスト教は人殺しを容認しましたから、今のキリスト教が素晴らしいとはいいませんが、

少なくともオウムの教理は、発祥から結末まで見通しても、残す価値があるとは思えません。

 

良い宗教と悪い宗教

 

宗教の存在意義で、一番大きいのは、善悪の基準を教えることだと思います。

みんな、自分は善悪の基準は持っていると思っていますが、実は、それが全くいい加減なものだということです。

 

戦争になれば、人は、人殺しをします。それは、テロリストと同じ心理です。

 

人は簡単に人を殺しますよ。

 

戦争で、外国人を殺してもいいですか?いいえ、悪です。

お腹の赤ちゃんを、殺すのは悪ではない?とんでもない、悪です。

 

それを、悪ではないと思い込ませることが簡単にできるということが恐ろしい。

 

最近のイスラム国や、テロを行う人たちの行動をみて、つくづく感じます。

(詳しく調べなくてもわかります。)

人を殺すことを、正当化する組織には、神様はいないと思う。

 

だから、オウム真理教の再来を求めてはいけないですよ。

 

人殺しはいけないんだよと、子供に教えられる社会をどうすれば作れるのかを、世界中で本気で話し合ってほしい。

 

自宅でのんびり、旦那より稼いでいる秘密の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ