肉食系女子が狙うのは草食系男子、なぜ?

自宅でのんびり、旦那より稼いでいる秘密の方法

lgf01a201407090900

意外なことに、肉食系女子は、肉食系の男子には目もくれないそうです。

つまり、恋愛関係に持ち込む行為に、ゲーム性をも求めているということかもしれません。

 

肉食系の女子を見分けて、気軽な恋愛を楽しもうとする肉食系男子を相手にすれば、お互い傷つかなくていいようだけど、

そこを避けるのは、ただ餌食にはなるのでは癪に障るということ?なのかな。

 

肉食系女子って、本当にいるの?

まずは、肉食系女子の実態を把握しなければいけませんよね。

でも、普通の主婦の私の場合、それらしい人は周りにいない気がします。

 

出会い系のサイトを毎日チェックしているような、男好き、セックス好きの友人はいるけれど、そういうのは病的なもので、肉食系女子とはちょっと違うみたい・・・

 

きっと殆どの人は、周りを見回して、「あの人、もしかして…肉食系」なんて気づくことは、少ないと思います。

なぜなら、肉食系女子は、かなりの割合で隠れ肉食系なのだそうです。

 

露見するのは、恋愛問題でトラブルを起こしたときなのでしょうね。

 

かつても肉食系女子はいた?

かつては「恋多き女」とか、「プレイガール」と呼ばれていた人も、今の時代なら「肉食系女子」と呼ばれたんだろうか。

恋愛に対して積極的な女性は、いつの世にもいましたね。

 

ただ、女性は基本的に、配偶者を持って生きることが自然の姿ですから、ちやほやされたい、モテたいというのは、自然の欲求として持っています。

ですから、女子は誰だって、もともと「肉食系」じゃないのかな・・・なんて、思うわたし。

 

ただ、男を狩る、という感覚は、以前の時代にはなかったと思いますね。

女子は、いつの日も、どきどきわくわくして、いつ来るかわからない王子様の到来を待つものでした。

 

時代は、変わったのですね。

 

肉食系女子の特徴

肉食系女子の特徴というのが、「トレンドキャッチ」というサイトで紹介されていました。

 

世間一般の常識なんかに捕われないという価値観

新しい出会いが大好き

現在彼氏がいたとしても、次の男に目を向けてしまう

「欲しいものは必ず手に入れる!」といった貪欲といった目的意識と行動力がある

「最先端のおしゃれが好き」

頻繁にショッピングに出かけますし、常に華やかな雰囲気

 

なるほどーー そういう感じなのか~~

 

ところで、大人の私にはどうしてもわからないのが、そんなにたくさんの男と付き合って、本人にどんなメリットがあるんだろうって、こと。

 

それがつまり、世間一般の常識に囚われないという意味なのかな。

 

つまり、恋愛に対して臆病にならせる貞操観念とか倫理観というものが、言葉は悪いですが、そもそも欠損している訳ですよね。

 

 

大人の人は、どう見ているか

今の時代では、私の考えは古いのかもしれませんが、大人代表として言わせてもらえば・・・(笑)

俗世間ではそういうことが自慢になるのかもしれないけど、まともな人たちから見たら、(いっちゃ悪いけど)・・・汚点。

 

男も女もです。

 

若い時は自由奔放な考えで行動できても、人の考え方というものは時を経るにしたがって、必ず変わっていくのですから。

いつか後悔する時が来るかもしれません。そのつらさは、かなりのものでしょう。

 

それを、覚悟して遊ぶなら、めくるめく恋を、思う存分に楽しみながら生き抜くのもいいかもしれない。

でも、一度も後悔しないまま、一生を肉食系女子として歩むとしたら、結婚生活は退屈で苦しいものに感じるでしょう。

 

恋愛もセックスも、依存症になることもあります。そこから抜け出すのは辛いといいます。

 

肉食系女子は、なぜ「花から花へ」渡り歩くのか・・・

その答えは、きっと、すこぶる単純なのだと思います。

 

惚れっぽくて、なおかつ本当にモテるから、次から次へ相手が現れる。

好きだと思ったらまっしぐら~~アプローチも上手だから、相手もすぐに自分を好きになってくれる。

だから、相手に不足しないわけ。

これがもし、惚れっぽいけど、モテないケースでは肉食系になれないし、逆パターンでも結果は同じ。

モテるけど、簡単に好きにならないタイプなら、その恋愛はなりたたないわけです。

 

肉食系女子芸能人

この前テレビを見ていたら、目下、肉食系の代名詞になっている女性芸能人の方が、「自分は、人を好きになると、0%か100%なんです。」といっていました。

芸能人の「肉食系」の代名詞となった彼女、名前を言うまでもないですね。

他にも、ネット上で十人くらいの方のお名前が上がっていますが、みなさん、男性が放っておけないような魅力的な方たちだから、結果として、スキャンダルが多くなる、まあ、それは仕方がないのでしょうね。

つまり、芸能人の場合、「肉食系」というレッテルは、人気のバロメーターでもあるのでしょうか。

 

肉食系女子になってしまった彼女たち…もしかしたら

こういうことに、病的に夢中になる人って、もしかしたら子供時代に親の愛に恵まれなかったか、女の子のお友達関係を作れなかったのかもしれません。

(問題発言かもしれませんが、あえて言います。)

寂しいのなら、一か所に集中しなくても、友達を大事にすればいいのに~と思いますが、こういう方たちは、色気が通じない女性相手にいい関係を築くことができないんじゃないでしょうか。

肉食系女子は、女友達が少ないという特徴も、そう考えれば無理もないこと。

 

その点恋愛関係なら、そこそこのルックスがあれば、テクニックを駆使して簡単にラブラブな関係を手に入れることができます。

本人は、そうして自分の心の寂しさを埋めてくれて、(?)わがままを聞いてくれる自分の崇拝者を身近に置いておきたいのでしょう。

その必要を満たすために、素直に生きているだけなんですね。

成長期に、受けたくても受けられなかった愛情を、異性から受けようとしているとか、あるのかもしれません。

 

でも、人を傷つけてまで求めるべきではない

たとえば、他人の旦那さまを、好きになることは、誰でも一度や二度は経験するでしょうが、略奪しようとする人は、ごくわずか。

それと同じだと思うんです。

 

でも、肉食系女子は、引き時をしらないか、引き返す勇気と、自分より他の人を思いやる優しさというストッパーがないのだと思います。

自分たちがやっている恋愛のタイプは、特殊であることを知っておくことが重要で、その世界を理解できない普通の人たちを巻き込まないでほしいと思います。

こんな流行語は、早くなくなったほうが、いいと思いますよ。

 

自宅でのんびり、旦那より稼いでいる秘密の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ