一流ならビジネスも●●も自己コントロール!

忙しいあなたの睡眠時間は何時間?

001

どんなに忙しくても体調は大切です。
万全で行くためにも睡眠時間の確保は重要です。
寝不足は疲れが取れないだけでなく、それがストレスとなり
仕事のパフォーマンスも落ちます。

人にもよりますが、6~7時間は確保したいところです。
かつては短時間睡眠法と取り入れる時代もありましたが、
やはり、寝ることは大切なのです。

寝不足になると、脳と体は極度のストレス状態にさらされます。
いかりや恐怖の発生源である脳の扁桃体が活性化するのです。
ストレス刺激から副腎皮質からコルチゾルというストレスホルモンが
分泌されてしまいます。
このコルチゾルが過剰になると脳の神経細胞にダメージを与えるのです。

6~7時間の睡眠、人によっては8時間寝たいという人もいるでしょうが
睡眠は少し足りないくらいがちょうどいいのだとか^^
充分に取りすぎると逆に寝つきが遅くなってしまいます。
睡眠は貯蓄ができませんので、休日の寝だめも一週間分を取り返すくらいの
感覚と考えたほうがいいでしょう。

就寝前の飲酒飲食も睡眠が浅くなります。いくら長く寝ても疲れが残るように
なってしまいます。
就寝3時間前には食事を済ませて寝酒も避けるのが妥当です。

そして仕事量のコントロールも必要でしょう。
日頃から作業にかかった時間を記録するなど、目安を知り誤差を出にくく
する工夫もありです。

人間の体内時計は24時間プラス10~20分といわれています。
自分の得意な時間帯を把握し活用するのも、よりスムーズに仕事もできる
可能性が高まりますね。
同じ多忙であっても徒労感に支配されない、充実させる習慣を身に付けて
ビジネスも人生も一流をヽ(*´∀`)ノ

 

副業から本業へ!権利収入型ビジネスは在宅で稼ぐ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ