サラリーマンのお小遣いの平均は?副業でアップできる?

ネットワークビジネスで一生涯のお小遣いアップ!

 

サラリーマンの平均的な小遣いっていくらなんだろう・・・?

年収のこと、小遣いの事・・・

お金の事って、親しい友人にも聞けないですよね。

同じようなサラリーマンをしているとなると、親しい友人だからこそ聞けないかもしれません。

ということで、気になることはなんでもネットで調べちゃおう!シリーズです。

今年の最新情報ですよ!!

サラリーマン小遣い額平均すると、39,572円。

こちらは2年ぶりに前年比1,115円上昇したものの、リーマンショック前の水準(2008年の45,825円)までにはおよばず。

なんと、私が産まれた(笑)1979年の調査開始以降、過去4番目に低い金額です。

20代・30代は厳しい一方で、40代・50代がけん引し、二極化が進んでいる状態でだとか。

さぁ、あなたのお小遣いはどうでしたか?

「39,572円以下だった!
よし奥さんにお小遣いアップをお願いするぞー!」

って・・・・

「平均年収はいくらなのよ!?」って突っ込まれないようにしてくださいね。

サラリーマンの方が、このお小遣いの中から捻出している昼食代の平均は、541円。

まさにワンコイン(+消費税8%)

消費税が10%になれば、550円になることでしょうね。

ちなみに、女性会社員のお小遣い額は、男性会社員より2,860円低い36,712円。

お昼代を手作り弁当にして節約するなど、女性の方が堅実、現実的という見方もできそうです。

もしくは、美容院代、ファッション代は別枠からの支出という可能性もありますね^^;

どちらにしても、景気がよくなっているという報道とは裏腹に、庶民の生活は相変わらず厳しい状況ですね。

「ゆとり」を感じられる状況ではなさそうです。

平均データでは、たった数パーセントの高給取りサラリーマンが「月のお小遣いは30万円です。」なんて回答をすると数字があがりますからね。

実態としては、2万~3万5千円くらいなのかもしれません。

幼い頃に思い描いたようなライフスタイル。

そういった生活の実現には遠く及ばないですね。

こんなはずじゃなかったのに・・・・

これからも、こんな生活が続くんだろうか?

でも、仕方ない。

満員電車に揺られている隣の人も、会社に着いたら座っている前の席の同僚も、みんな同じだから。

そうやって言い聞かせて毎日をやり過ごしているかもしれませんね。

でも、もし自分の人生を変えたいと思ったら、在宅で稼げる副業を始めるというのもひとつの方法です。

FX、アフィリエイト、情報商材・・・

在宅でできるインターネットビジネスは様々ですが、その中でも、インターネットを使ったネットワークビジネスがサラリーマンの副業として、人気を集めているんです。

会社員を続けながらコツコツ活動することで、生活費の足しに、年金の足しに、というばかりでなく、本業の会社員を辞めてしまう人も続出。

口コミもしなくていいので、

「ネットワークビジネスの権利収入って魅力的だな・・・でも自分には人脈もないし無理だなぁ。」

とあきらめていた人にもチャンスがありますね。

いったいどんな方法なら口コミせずにインターネットで成功できるのでしょうか?

インターネットでの組織の作り方、ダウンをザクザク稼ぐ秘密の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ