副業が会社にバレる?マイナンバー制度はどう影響するの?

副業を持つ会社員にとって怖いのが会社にバレてしまうこと…

 

さて、マイナンバー制度の影響は?

マイナンバー制度導入で、不安のひとつに上がっているのが
副業がバレるのでは??という問題です。

副業禁止は、一昔前にはありましたね~。
今のこのご時世ではどうなのでしょうか?

とはいえ、どちらにしても副業がバレたくない人がほとんどですよね。

マイナンバー制度は住民票を有する個人が持つ、12桁の個人番号です。

複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であることの確認を
行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め
国民にとって利便性の高い、公平・公正な社会を実現するための
社会基盤であると、謳っています。

そもそも、会社に副業がバレてしまういきさつには?

税務署から住民税の額が会社へ通知される際、所得額が違うと額が
変わってきてしまい、その額の違いで発覚してしまう場合があります。

前年の所得に対して計算される住民税、会社員は源泉徴収として会社に
通知が届き、会社が従業員の給与から天引きをして、会社が税務署に
納付します。
バレない対策としてあるのが「確定申告」です。
サラリーマンの普通の納税方法が特別徴収です。

そして自分自身で徴収するのが普通徴収です。
確定申告書で、「自分で納付(普通徴収)」にチェックをすれば
副業で稼いだ分は会社に報告されずにすむわけなのです。
さて、マイナンバー制度導入になると…どうなるのでしょう?
実際には何もこの点については変わりません。

前年と同じように、普通徴収にしておけば、税務署は給与所得だけで
住民税額を計算して会社へ報告してくれます。
会社にバレずに副業を続けるには、活動方法も選ぶ必要があります。

リアルな人脈に副業を勧誘したり宣伝して組織を構築し報酬を増やす方法。

勧誘の仕方にも気を使います。
そういった売り込みをされるのが苦手な人にとっては、苦痛であり、
今後のあなたとのお付き合いにも影響をもたらしかねません。
自分の人脈に手をつけず、副業収入を増やすには、友達には内緒で
取り組むのが一番と考えている方が注目しているのがインターネットでの
在宅ビジネスです。

そして新たな人脈をも構築していかれるのです。
どうしてインターネットで稼ぎ、人脈が構築することができるのか?

それには在宅ビジネスのシステムを正しく理解する必要があります。

 

会社にも友達にもバレずに稼ぎつづけるには?


2 Responses to “副業が会社にバレる?マイナンバー制度はどう影響するの?”

  1. 母ちゃん より:

    こんばんは★

    マイナンバー制度
    変換しても、出てくるようになりました!

    以前は全然知らなかったですが
    これで副業がバレてしまったら
    大変な事になっちゃいますねヽ(´Д`;)ノアゥア…

  2. えりぃ より:

    こんにちは☆

    知らないことばかりでとても勉強になりました。
    会社にバレてしまうと気にしてる人がいるのは
    知っていましたが、どのようにばれてしまうのか…
    という所までは知らなかったです!
    私はアメリカ在住なのですが、アメリカのサイト?等を通してアフィリエイトをする場合は必ず個人の’マイナンバー’が必要になります。私はそれで旦那にばれるのでやめました(笑)

    また来ますね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ