サラリーマンは少しでも良いから副業をした方が良いただひとつの理由

最近「給料以外の収入」を副業得ているサラリーマンが増えてきているようですね。

若手サラリーマンの中の5人に1人は副業をしているという
アンケート結果もあったりします。
男女別にみると、男性より女性の方が副業を行っている割合が10%ほど高いようですね。

副業がサラリーマンのあなたを救います
005

サラリーマンが生涯一企業などと言われた時代はとうの昔に過ぎ、
副業禁止が当たり前だった大手企業でさえ
賃金の目減りを「副業」や「アルバイト」補填することを
大手企業が制度として許可していたりもします。

実際サラリーマンに人気のある副業としては

Youtubeでゲーム実況・解説

アフィリエイト

ネットショップ出品

クラウドソーシング登録

写真や動画をサイト販売

など、時代を反映したものもずいぶん増えてきました。

やはりネット環境が整った今、それを利用しない手はありませんね。

でもやっぱりそれは副業というは域を越えられず、それを本業にできる人は
まだ稀で、副業としての平均収入は約4万円ほどなのだそうです。

それでも年間にすれば約50万円ほどになるのですから
4万円と言えども、バカにできない数字です。

ただ、もちろん収入も大事なのですが、副業で色々な職業を
体験するという事は、お金を生み出す練習をしているのと同じです。

リーマンショック以降、「一つの会社の中だけの収入」に頼ること
「求められたことを、ただやり続ける」ことは、どう考えても危険が高いと
言わざるを得ません。

会社の命運を決めるのは貴方ではないのですから、結局自分で決められない事を会社や、
たまたたまたま上司となった人たちの都合で決められてしまうという事なのです。

もちろんただ、やみくもに副業を探せばいいというわけでもありませんし、

確実に収入にしていくためには、確かな手法も必要になっていきます。

今本業かあるという事は、副業に割く時間も必要ですので
自分に合った、稼げる副業を探すことが、それだけで大変と諦めてしまう人も
多いかもしれませんね。

でも、求めれば与えられるの法則で、そんな情報は意外と身近なところに
あったりするのかもしれません。

↓↓↓↓↓

副業で成功したいサラリーマンのみに公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ